スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「シンデレラtheミュージカル」8月8日ソワレ

2008-08-16

シンデレラtheミュージカル

2008.8.6~25  新宿コマ劇場

キャスト

シンデレラ:高橋愛  王子:新垣里沙
継母:愛華みれ  姉:亀井絵里/田中れいな
王様:箙かおる  女王様:光あけみ
妖精の女王:麻路さき 他

モー娘。と宝塚のコラボミュージカル第2弾は、リチャード・ロジャースとオスカーハマースタイン2世(「サウンド・オブ・ミュージック」、「回転木馬」、「王様と私」、「南太平洋」など)の名作「シンデレラ」。

お友達と先週行って来ました。コマ劇場に着いて、何となくいつも観ているミュージカルとは客層が違うなと感じつつ、客席に入るとびっくり~!?

ヅカファンのおば様&お姉様、夏休みの親子連れ、その他のミューファン&一般の方、そして背中にはリュックを背負い、頭には鉢巻き、手には名前入りのうちわを持ったモーオタ

何このカオス

というか、まだこんな絵に描いたようなアイドルファンが生き残っていたことにびっくりだよ!なんか不思議な空間でした。

劇の内容自体は結構楽しめました。技術的には、モー娘。×宝塚なので、全く期待していませんでした。モー娘。は生で見たことないから歌えるのかわからないし、それに普段の歌とミュージカルの歌い方とは違うし、宝塚も人によってだいぶ技術にバラつきがあるし、どうなのかなと・・。
でもこのロジャースとハマースタイン2世の楽曲が凄く好きだったから、それを聴けるだけでもいいかと割り切って観に行ったら意外とおもしろかった。

主役のシンデレラの高橋さんは、そこそこ歌えていたし、見た目もかわいらしくて合っていたと思います。中には何人か学芸会のように見えてしまった子もいましたけど、そういうところを愛華さんや箙かおるさん、光あけみさんなどの宝塚の方たちが助けていましたね。

一緒に観劇した友達も、「宝塚の人が出てくると安心する」と言ってたし、やっぱり場数踏んでいるだけはあるなと感心していました。

一番良かったのは何と言っても音楽。次々に流れる美しいメロディがとっても心地いい。この二人の曲好きだなぁ(CD出てないのかな?)

確かにロジャースとハマースタイン2世の音楽は最近のミュージカルの流行からすると古臭いのかもしれない。元は半世紀も前に放送されたテレビドラマ版の「シンデレラ」だから、そう感じてしまうのは仕方ないところもある。特に盛り上がるような曲もないのに、なぜか凄く惹かれる

他には馬車が宙に浮いたり、衣装の早替わりなどもあり視覚的にも楽しめました。麻路さんの妖精の女王のほんわかした優しい雰囲気もいい。モー娘のかわいさと宝塚のかっこよさが意外なくらいに合ってました。

ひとつ残念だったのは、王子役が女の子だったこと。シンデレラと王子のデュエット曲は、二人の声がきれいに重なり合ってとても素敵なのに女の子同士が歌っているように見えてしまった。

新垣さんは低い声を作ったりして努力したこともわかった、役作り(芝居)も頑張っていたし悪くなかった。でも王子は男性、もしくは今回のようにキャストが全員女性なら宝塚の男役の人にやらせても良かったのかも。
どうしても歌は女の子が歌うにはキツイ部分があったし、新垣さんには同性の役をやらせてあげた方がもっと似合ったんじゃないかな。

あとは愛華さんがこの舞台で病気療養から復帰したことが嬉しかった。大病したとはとても思えない程、元気に生き生きとシンデレラを苛めていました(笑)。この継母、かわいくて何か憎めないんですよね。継母と意地悪な姉妹の掛け合いがおもしろかった。

二幕構成かと思ったら、本編の後にモー娘。のライブと宝塚のショーがありました。

始まった途端、私たちのすぐ後ろにいたモーオタのお一人が、それまで大人しく観ていたのに、いきなり「ウォウウォウ」叫び始めまして大変ビビリました。(゚д゚lll)

ひいぃぃーーお母さ~ん恐いよ~。・゚・(ノД`)・゚・。

さっきのシンデレラとガラっと雰囲気が変わり、モー娘のライブはさながらライブ会場にいるみたいでした。宝塚のショーは華やかで素敵でした。「王様と私」の「Shall we dance」も歌ってくれました。しかし単体ならいいけど、モー娘、宝塚を続けて観ると凄いギャップ。まぜるな危険
私たち含めヅカファンはみんな、モーオタのテンションの高さに置いて行かれました。

カテコでは一人ずつの挨拶があり、愛華さんの「舞台に立てて幸せ」という言葉にもらい泣きしそうでした。暫くは治療を続けながら仕事と両立していくとのことですが、とりあえずは舞台に立てるまで元気になって本当に良かったです。安心しました。

余談ですが、ロジャースとハマースタイン2世の「シンデレラ」は、これまでも何度か上演されていて、96年に同じコマ劇場で上演されたのを観ました。

当時の配役はシンデレラが元宝塚娘役トップスターの麻乃佳世(あさのかよ)さん、王子は石井一孝さん、魔法使いが元四季の久野綾希子さん。

麻乃さんのシンデレラはかわいくて美しい、舞踏会のドレスが本当に素敵でした。それに「カボチャを馬車になんてできない」と言う魔法使いに「信じればできる」と言い切る、元々の話の魔法使いに助けられるだけのか弱いシンデレラではなく自分の意思を持っている芯の強いところも似合っていましたね。

今ミュージカル界のプリンスと言ったら井上くんですけど、当時のプリンスは石井さんですね。長身甘いマスク爽やか、そして抜群の歌唱力とこれだけ条件が揃えば放っておかれるはずがありません。マリウスを始め東宝ミュージカルのヒロインの相手役には大概石井さんがいました。当然私も好きでした。その石井さんが本物のプリンスをやると知って、わくわくして観に行ったのを思い出します。

何もかも完璧なプリンスでした。

笑顔がきらきらと輝いてかっこ良かったな。本気で「ああ、プリンスって本当に存在したんだ・・」と思いましたね。今考えたら、高校生にもなって夢を見過ぎというか、アホだったなと恥ずかしくなります。

その後の石井さんはお顔がどんどん濃くなり、役もバルジャンやゲイの役をやったりと王子様路線からは外れてしまいましたが(年齢的なものもあるけど)、今でも変わらず素敵です。

思い出いっぱいのコマ劇場が、今年一杯で再開発のために閉館されるそうです。跡地がどうなるのかはわかりませんが、子どもから年輩の方まで幅広い年齢のお客さんに愛されている劇場がなくなるのは寂しいです。最後の演目は石井一孝さんも出演する「愛と青春の宝塚」。絶対観に行きます。

スポンサーサイト

tag : 宝塚

 きっと大丈夫

2008-03-21

4月の舞台「SEMPO‐日本のシンドラー杉原千畝物語‐」に出演する予定で、既に降板が決定していた愛華みれさんの検査結果が公表されました。

結果はリンパ腫で、暫くは治療に専念するそうです。大したことがなければいいと祈っていましたが、病名を聞いて大変心配しています。

宝塚時代から健康そのもので、いつも明るく元気な印象だっただけに、今回の降板は信じられなかった。たぶん今までも休演もしたことがないんじゃないかな。でも本人が一番、悔しく辛い思いをしているでしょうね・・。

公式サイトでの直筆コメント、ご自身の体が辛いはずなのに舞台のことを気にかけていたのが愛華さんらしいです。けど今は余計なことは考えずに治療に専念してもらいたいです。でもしっかりとした字の力強いコメントに絶対に大丈夫だと確信しました。一日も早く回復されることを信じています。

関連ニュース

愛華みれが『リンパ腫』を公表 元宝塚の花組トップスター

tag : 宝塚

 「テイク・フライト」詳細発表

2007-07-19

ミュージカル「TAKE FLIGHT(テイク・フライト)」の詳細が発表になりました。

11/24~12/9まで、国際フォーラムで上演の予定です。12月~1月にかけて、北九州芸術劇場、中日劇場、梅田芸術劇場でも公演されるようです。

女性航空士の話みたいですね。公式を見た限りではまだ、どんな感じなのかわからないので、正直「おもしろいのかな?」という気がしますが、なんと言っても主演が天海祐希さんですから(宝塚時代ファンでした)、これは絶対に観に行きたいです。

久しぶりの舞台出演になりますね。約4年振りの舞台だし、ミュージカルとしては、「オケピ!」以来ですね。4年振りの舞台、期待しています。

「TAKE FLIGHT」公式サイト

tag : テイクフライト 宝塚

 維新回天・竜馬伝 1月26日マチネ

2007-02-01

「維新回天・竜馬伝!-硬派・坂本竜馬?-」(宙組公演)
「ザ・クラシック I LOVE CHOPIN」
東京宝塚劇場

キャスト

坂本竜馬:貴城けい   お竜:紫城るい
中岡慎太郎:大和悠河  勝海舟:立ともみ
お登勢:邦なつき   一橋(徳川)慶喜:蘭寿とむ 
 

今年1本目の観劇は、宝塚を観て来ました。すごく久しぶりのヅカです。前に観たのは、いつだったか忘れてしまいましたが、今回が、初の新東京宝塚劇場ってことは、6年くらいは観ていないことになります。
今回、久しぶりに観ようかなと思ったのは、貴城けいさんの竜馬がカッコ良かったからです。

和物ミュージカル好きの私ですが、何でもOKというわけではないんです。一応、基準というものがあります。
まず、主役の髪型が月代(さかやき)ではないこと!月代とは、男性の額から頭の中央にかけて半月形に剃り落とした髪のことで、時代劇ではおなじみですが、これがどうしても、なじめなくて、美形の役者さんが演じていても、月代だと観たい気持ちが半減してしまいます。

例外で、なぜかヅカなら、主役が月代でも気にならないんですけど、やっぱりポニーテールの方が、より萌えますね。実は私、時代劇や和物の舞台に出てくる男の人の(ヅカの男役も含む)、ポニーテールが好きなんです。女の人や、和物以外でのポニーテールには、全く惹かれないんですけどね。あの、ゆさゆさ揺れる感じが、たまらないです!今回の竜馬も、ポニーテールなんです。(正確には、ポニーテールは、元服前の子どもの髪型なので、大人の武士は、やらないみたいですが)。

余談ですが、坂元さんが出演された「風を結んで」と「AKURO」の時も、初日になるまで、月代でカツラだったらどうしようかと、本当にどうでもいい心配をしました。結局は、どちらも違ったので良かったです。しかも「AKURO」の高麿は、ポニーテールでしたから、あまりのかわいさに萌え死ぬかと思いました(笑)

私のポニテフェチの話はこのくらいで、そろそろ本題に。
物語は、竜馬を回想するシーンから始まります。佐那子の竜馬への思いを断ち切るために、遺品のピストルを撃つお竜。そのピストルを合図に、竜馬が颯爽と登場!バラくわえてるー!ちょっと笑ってしまったが、さすがヅカ、華麗に銀橋を渡り、歌い上げる姿に見とれてしまいます。

でも今回、竜馬ともう一人お目当ての人がいるんです。それは、中岡慎太郎役の大和悠河さん!まぶしいくらいに、カッコイイ!普通に立っているだけで、絵になる人。研1の頃から注目していて、テレビでは見ていたんだけど、生で観るのはたぶん初めてかな?ソロもあって感激でした~。
日本の未来に思いを馳せ、一生をかけた竜馬の姿が清々しくて、心に残りました。

休憩を挟んで、今度は、ショパンの名曲にのせて、ロマン主義を描く、ショー「ザ・クラシック I LOVE CHOPIN」です。
ロマン主義と聞いても何のことだかわかりませんが、「現実を超越した永遠の世界を夢見ること」だそうです。実際は、いつものショーとどこが違うのか、さっぱりわかりませんでした。

でもさすが、ヅカのショーは飽きさせません。華やかでロマンチックな世界に引き込まれます。悠河さまも、男役の他に女役も披露して、楽しませてくれました。
この他では、最後に貴城さんが歌う「虹色の空」が印象的でした。この歌の歌詞が、この公演限りで退団する貴城さんの気持ちを表したような歌詞で涙ぐんでしまいました。
ショーのフィナーレは、もう豪華絢爛で、羽もスパンコールもつけまくり!この華やかさが病みつきになるんだよね~。

貴城さんと、紫城さんは、この公演がトップお披露目&退団公演になるんですよね。お披露目と退団が同じ公演なんて、名残惜しいけど、次期トップは悠河さまになると思うし、次回の宙組公演も期待しています。

tag : 宝塚 坂元健児

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。