スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2008年ランキング

2009-01-02

2008年に観た舞台の中からベスト5を選びました。

1月

「ウェストサイド物語」(劇団四季)

2月

「遙かなる時空の中で」

「タン・ビエットの唄」

4月

「滝沢演舞城」

「空中ブランコ」

5月

「空中ブランコ」(和光・名古屋・神栖)

「火の鳥-鳳凰編-」(わらび座)

6月

「Calli-炎の女カルメン-」

「ウィキッド」(1周年記念公演、劇団四季)

7月

「ミス・サイゴン」

8月

「ミス・サイゴン」

「シンデレラ the ミュージカル」

「サ・ビ・タ-雨が運んだ愛-」

「むかしむかしゾウがきた」(劇団四季)

9月

「ミス・サイゴン」

「義経」(演劇集団呼華)

10月

「ミス・サイゴン」

TSミュージカルファンデーションイベント

坂元健児ファンクラブイベント

「Song & Dance 55steps」(劇団四季)

11月

「ディズニー・オン・クラシック-魔法の夜の音楽会-」

「解ってたまるか!」(劇団四季)

「義経 YOSHITUNE-紫鬼王編-」(ルドビコ)

12月

「AKURO-悪路-」

「愛と青春の宝塚-恋よりも生命よりも-」

「坂元健児 BIRTHDAY & XMASコンサート-歌で巡る足跡-」

-----------------------------------------------

第5位  「愛と青春の宝塚-恋よりも生命よりも-」

以前フジでドラマになりましたが、ヅカものは本物がやる方がしっくり来ますね。ショー部分の華やかさが違います。話もわかりやすく、曲も実際の舞台で使われた曲(モン・パリ等)に加え、新しく作られた曲も違和感なく溶け込んで普段あまり宝塚を観ない人たちにも楽しめる舞台になっていました。
石井一孝さんや本間憲一さんも素敵でした。ダブルキャストのもう片方も観てみたかったです。

第4位  「タン・ビエットの唄」

TSミュージカルの作品はどれも強いメッセージが込められていて、観る度に考えられます。これも途中まではつらく悲しいことが続き目を背けたくなるけど、最後には希望があります。

美しいベトナムの風景に似合わない悲惨な戦争の描写が、より一層戦争の悲しさ愚かさを浮かび上がらせていました。強く反戦を訴えている作品ではないのに、観終わった後にそのことを考えずにいられないミュージカルでした。

第3位  「ミス・サイゴン」

観る度にハマって結局は通ってしまいました。博多座の次はいつ観られるかわからないけど、また坂元さんのジョンが観たいな~。あとクリスもね。

第2位  「空中ブランコ」

ラストのブランコを飛ぶシーンが目に焼きついています。最高にかっこよかった。余韻を残す終わり方も好きでした。

自主公演以外で初のストレートプレイで、坂元さんの新たな魅力をいっぱい発見できた作品でした。

第1位  「AKURO-悪路-」

これはもう不動の1位ですね。2008年ではなくて、今まで観た舞台の中で一番です。

「何でもない幸せが手の届かない宝物のようになんて、こんな世の中は間違っている」この高麿の言葉が心に残りました。
古代の話だけど、これは現代に向けてのメッセージでもあると思うのです。今の弱い者を真っ先に切り捨てるような社会っておかしい。

ヤイラが言っていた「あたりまえに生きて、あたりまえに死んでいく」そんな普通の幸せすら望めない世の中ってなんて悲しいのだろう。そんな悲しい想いをしている人がいる限り、AKUROを上演する意味はあると思います。この作品に出逢えて本当に良かったです。

☆坂元さんについて

2008年はテイクフライト大阪公演で始まり、パリでの羽衣伝説、空中ブランコ、ミス・サイゴン、FCイベント、AKURO、ディナーショーと盛りだくさんでした。

羽衣伝説が観られなかったことが唯一悔やまれました。FCイベントで聴いた曲がとっても素敵で、映像でいいから見てみたかったです。
その観られなかった悔しい気持ちを埋めるように、他の公演に行きまくりましたけどね。
新作の空中ブランコも楽しかったし、大好きなサイゴンとAKUROの再演もあって、幸せな1年でした。舞台を観ていて、この人のファンで良かったと思うことがたくさんあったし、これからも一生着いて行こうと何度も思いました。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 空中ブランコ AKURO ミス・サイゴン

 TSミュージカルファンデーション「AKURO-悪路-」12月12日千秋楽

2008-12-28

だいぶ日にちが経ちましたが、千秋楽に行ってきました。

「AKURO」終わってしまいましたね。たった1週間の短い東京公演だけど、濃密な1週間でした。

千秋楽は何度も観てストーリーはわかっている筈なのに、高麿と共に悩み、蝦夷の悲しみに寄り添える熱い熱い舞台でした。

ラストの戦いも凄かった。オタケが「都へ」と声をからしながら叫び、イサシコの「高麿を死なすなぁ!!」と渾身の力を振り絞って戦う姿に胸が締め付けられました。

高麿が田村麻呂に「鬼はおのれが作り出すもの」と言った辺りから、高麿とアテルイが重なり合って、姿は高麿だけどそうではないように感じました。

「我らが大和に何をしたか、我らの姿が何であったか、何がこの日の本の礎か」

斬られても最後の力を振り絞り、「この国の行く末、見届けようぞ」と果てた高麿。

全身全霊で立ち向かい、自分が正しいと思った道を信じ貫く姿が壮絶で、命をかけて伝えようとしたその勇気に心が震えました。

千秋楽に相応しい、とてもいい舞台だったな。悔いはないです。

この日もスペシャルカーテンコールがありました。

司会の駒田さんからお礼の挨拶と、有志(福永さん、西村さん、今さん、坂元さん)によるクリスマスソングのプレゼントがありました。

この曲、タイトルがわからなかったのですが、White Christmasなどのクリスマスソングをメドレーにして、オリジナルのアレンジにしたのかなと思います。

この4人の皆さんは、特に歌の上手な方たちだし、それぞれ担当のパートが違うので、声が重なり合ってきれいなハモリを聴かせてくれました。坂元さんはテナーの担当で、シャウトしてましたよ♪

坂元さんファンとしてはサプライズは嬉しいですけど、高麿がクリスマスソングを歌う姿に、やっぱりちょっと違和感を感じました。舞台の余韻も吹き飛んじゃうし、楽日以外の日にやってほしかった。わがままかなw

それから千秋楽恒例の挨拶もありました。

・友石さんの挨拶

駒田さん「AKUROでは初出演でしたが、夏はCalliに出演しました。」と紹介。

「念願だったAKUROに出演させて戴き、謝先生ありがとうございました。」

・坂元さんの挨拶

駒田さん「私たちの何倍も大変な思いをして、出ずっぱりで頑張ってくれました。今日はビールジョッキを4つくらい抱えていっちゃうんじゃないかと思います。」と紹介。

「初演の時からさんざん『桃太郎』と言われ、今回も言われ続けました。正直、この格好はちょっと恥ずかしいです。でも今回は皆さんの優しさに育まれ成長しました。本当にありがとうございました。あと僕も平沢さんのように『かっこいい、かっこいい』と言われたかったです。」

坂元さんのお願いを受けて、「お客さんみんなで声を合わせて、かっこいいと言ってあげましょう」と駒田さんからナイスな提案が(笑)。

せーの「かっこいい~」←もちろん私は本気で言いましたよ。

「おそーい」 o(゚Д゚)っ 

ツっこむことは忘れない坂元さん(笑)。

この他では、平沢さんと西村さんの挨拶がおもしろかったです。

・平沢さん

「TSでは主役から始まり歳をとる度に格下げになり今回は5番手でした。次回は7番手です。それと今回役作りを失敗しました。『月刊ミュージカル』の取材で、かっこいいと言われない役作りをすると言ったのに、舞台が終わると「かっこいい、かっこいい」と言われ続け、ついに謝先生にかっこつけ過ぎと言われました。」

・西村さん

「先日渋谷で財布の入ったかばんを拾い交番に届けました。持ち主が現れたらお礼があるかもしれないと言われ、『お礼なんていいですぅ』といいつつ、住所と電話番号だけは教えました。数日前に留守番電話に渋谷警察署から持ち主が見つかったと連絡がありまして、「届いて良かったな」と思ったんですが、警察署と聞いただけでびっくりしました。」

オチはどこ?一体何が言いたかったのかしら(笑)

この後も拍手がなかなか鳴り止まず、何度も出てきて拍手に応えていました

---------------------------------------------------

本当に素晴らしい舞台でした。舞台が終わってから2週間が経っても、まだ「AKURO」から抜けきれずその世界に浸っています。でも不思議と初演のような喪失感はなく、幸せな気持ちです。

初演ではとにかく凄いものを観てしまったとそればかりで、ろくに感想を書くことも出来ませんでしたからね。AKUROの持つパワー受け止めるのがやっとで、冷静に観るということが出来ていなかったのかなと思います。

千秋楽後も終わった寂しさなのか何なのか、とにかく訳もわからず悲しくて悲しくて堪らない状態が数週間も続き、舞台を思い出しては泣いていた気がします。

本当にあれは何だったんだろう?舞台が終わってしまった寂しさもあったのだけど、やっぱり最後、高麿がいなくなってしまったことが悲しかったのかな。

アケシとの間に出来た子に新しい未来を託したけど、高麿は無念だったのかなと、そんなことを考えていました。岩手出身の母の話では、高麿の最期の地、達谷窟(たっこくのいわや)は、現在は観光地化されて残っているそうです。

これを聞いた時、供養の為にお参りに行こうかと思った程、あの当時は高麿に思い入れていたのだと思います。

「自分の気持ちに区切りをつけるためにも、お参りに行きたい」と姉に話したら「そこまで高麿のことを思っているならそれで充分」と言われ、実際には行きませんでしたけど。

今回心構えが出来ていた分、初演の時より少し冷静に観られて、高麿は最期、無念の想いだけを残して討たれたわけではないとそう思えました。

中でも高麿と蝦夷が来世への夢を語るところが良かったです。

生きている間に、日高見の大地で平凡だけど幸せな一生を送るという夢は叶わないけど、そのことをただ嘆くだけではない、孫のそのまた孫が暮らす未来にはもしかしたら平和な世の中が訪れるのかもと、泣きながら精一杯の笑顔で楽しそうに踊っている高麿を見て希望を感じました。

真実を知らなければ良かったと言うアケシに「これまでの自分はつまらない人生だったけど、真実を知ることで人の生きる道が見えた」と話した高麿。

志し半ばで死んでいった高麿は、無念の想いがないとは言い切れないけど、人生の最後に自分の生きる道=この世に生まれた意味を知ったことで幸せな気持ちもどこかにあったのかも知れない。そう感じられた舞台でした。

今回、幸せな気持ちでいられるのは、そんなふうに感じたからかも知れません。始まる前は複雑な気持ちもあったけど、今は再演してくれて良かったと思っています。

tag : 坂元健児 友石竜也 AKURO

 TSミュージカルファンデーション「AKURO-悪路-」12月11日ソワレ

2008-12-20

この日は2階席で観劇。

2階席からは、照明がとてもきれいに見えます。

一幕最初の御伽草子。鬼の高丸(坂元さん)が、登場の時に一番高くジャンプしてますね。鬼たちが登場した後の短いダンスが好きです。高麿は全然踊らないので、貴重なダンスシーンです。

赤毛たちと一緒に鉄の谷を探索するシーンで、セリフを噛んだ坂元さん。何とか取り繕おうとしたけどバレバレで、客席からは失笑が・・。それといつもここで家来に「がんばろうっ!」という掛ける声が、どうしても体育会系のノリに思えてしまって、ここだけは現実に引き戻されてしまいます。

蝦夷たちの剣舞。AKUROの見せ場だけど、演じる役者にとっては、おそらくかなりキツイダンスシーンではないかと思います。途中のアケシが大和から戻って来たと説明する辺りでは、皆さん肩で息をしながら大変そうにセリフを言ってますよね。

ここではヒトカの友石さんのソロがあって、素敵な声を聴かせてくれています。友石さんの役は今までシンバとホセしか観たことがないから、こんな低い声も出せるんだと新しい発見でした。

ここのダンスって本当にかっこいいです。大人数で踊る迫力も凄いし、皆さん(アラフォーも含めて)よくこんなに身体が動くなと感心して見入ってます。それに友石さん、前回の「Calli」と比べて、凄い筋肉ムッキムキになりましたよね?は~たまらん。

残念なことにヒトカは二幕途中で亡くなってしまうので、あまり出番は多くないのです。高麿と蝦夷が夢を語るシーンと、最後の大和との戦いのシーンにいないのが寂しい。その分存在感があるから、そんなに出番が少ないとは感じないですけど。

二幕、御伽草子。ここだけは高麿が見ている夢として描かれているのかな。ここは初演とと違って、田村丸に斬られた後よみがえり、鬼(高丸)の姿から高麿の姿に変わります。

胆沢の城で大和の兵に捕らわれ傷を負ったアケシに手当てをする高麿。顔の傷を優しく拭ってあげるのは、初演にはなかったシーン。何気ない仕草だけど、高麿の優しさが素直に出ていていいよね。うらやましい・・いいなぁアケシ。

二幕途中の蝦夷たちへの弾圧が始まったとアテルイに知らされる(ヒトカが亡くなる直前の)シーンで、ちょっとしたアクシデントがありました。

坂元さんが左目の横辺りを切ってしまったらしく、出血していました。ちょうどこの後すぐ、はける予定で、次に出てきたら肌色の絆創膏を貼っていて、それでしばらく心配で見ていたのだけど、やっぱり少し腫れちゃってかわいそうだった。

たぶん直前の立ち回りのところで刀の先が当たって切れちゃったんだろうね。傷は小さいけど、目の横だから心配だった。翌日見た時は傷跡もわからないくらいだったから、大事に至らなくて本当に良かった。

この日は声の調子もいつもと比べたら若干落ちるように感じたし、疲れが溜まっていたのかな。坂元さんが舞台でケガをすることはあまりないから、心配でテンションが下がってしまい集中力を欠きました。もちろん坂元さんのせいではなくて、こんな小さなことで心乱されている私が悪いのです。。

--------------------------------------------------------

この日も終演後、スペシャルカーテンコールがありました。

司会は駒田さんで、内容は今回も若手さんの隠し芸大会でした。プリンシパルの皆さんは盆の斜面にお行儀良く体育座りをして、温かく見守っていました。

坂元さんは前回のカテコよりノリが悪く、ボーっと眺めて何だか元気がない様子でした。アクシデントもあって、疲れちゃったのでしょうね。。。

tag : 坂元健児 友石竜也 AKURO

 TSミュージカルファンデーション「AKURO-悪路-」12月9日マチネ

2008-12-19

一幕

胆沢の地に降り立ち、理想の国を築く力になりたいと言うシーン。

まだ何にも知らず、希望に満ち溢れている高麿。ここの表情を見ていると、もしかしたら何も知らなかった方が幸せだったのかもとつい思ってしまいます。結末を知ってから見ると、せつないです。

田村麻呂に鉄の谷の探索を命じられるシーン。

田村麻呂の言葉にいちいち頷く姿がかわいい。真剣に聞いてることは伝わってきますね。

御伽草子(鈴鹿御前)のシーン。

初演でもここが特に好きでした。源太に「御伽草子を披露なさったら」と言われてモジモジしながら照れたり、「天竺(てんじく)は~」と始まるところなんて、あまりのかっこ良さに鳥肌ものでした。

初演ではセリフだった「奥州は達谷窟のうんたらかんたら」の部分が歌になって、高麿様の自慢の喉に聞き惚れてしまいます。

今回は照明も印象的で、真っ暗な中、スポットに浮かび上がる高麿が神秘的で、いっきに御伽草子の世界に引き込まれました。

鉄の谷で蝦夷に襲われるシーン。

いや前からうすうす気づいてはいたんだけどさ、

高麿って弱いよね

ここでも相手の方が人数が多かったとはいえ、一発かまされて、あっという間に気を失うし、そもそも刀を抜くことさえ出来ずにやられてるし。いつも心の中で「弱過ぎー!」とツっ込んでました。

いや、本気を出した時はそこそこ強いんだと思う。でも普段は弱いよね。弱いというか、刀の扱いが苦手なのかな?

高麿が刀の扱い(武芸)が苦手だと思う理由

その1

不意を突かれると、刀ではなくて鞘の方を相手に向けてしまう。

その2

大和の兵がアケシを殺そうとした時、振り向き様に斬りかかっている。(正面からだと斬られてしまう為?)

その3

戦いの際、時々蹴りを入れたり、素手で応戦している。

素手で戦う理由は二つあって、一つは刀よりも素手の方が得意ということ。もう一つは平安時代の戦では、刀も使うけど最終的には蹴りや素手など、取っ組み合いに発展することもあり、素手などで戦うことが当時としてはイレギュラーな戦い方という訳ではないということ。

けれど不意を突かれると鞘の方を向けてしまうことを考えるとやっぱり刀の扱いが苦手なんだと思います。

明らかに刀が苦手な高麿だけど、小さいこともあって相手の攻撃をかわすのは上手いですね。それ故に身についたことなのかも知れませんが。

アテルイに取り引きに応じないのかと訊かれるシーンで、助かりたいけど、国を裏切ることもできず、駄々をこねるとこが本当にかわいい。この後アテルイに「送ってくれるんだよね?」とお願いするところもかわいいなぁと思う。

再演の方が真剣さとかわいさのギャップが激しい。再演では駄々をこねたり、甘えた口調でお願いしたりと人懐っこい面が強調されたように感じました。

一幕ラスト「新しい世界」

ここでアテルイが高麿に触れようと手を伸ばしたけど触れられず、走り去る時のアテルイ凄く悲しい表情が今でも目に焼きついています。

二幕

蝦夷たちと夢を語るシーン。この日も坂元さんは泣いていました。

---------------------------------------------------

この日私の席の周りは、おそらく招待された人たちなんだろうけど、ほぼ1ブロックおばさんや年輩の人たちばかりだった。

最初こそおしゃべりしたり、寝ていたり興味なさそうにしてたけど、そのうちおしゃべりも聞こえなくなって、寝てたお爺さんも二幕は真剣に観ていた。物語が進むにつれてだんだんと舞台に集中していってるのがわかった。

驚いたのは、幕が降りた後、みんなが感想を話していて、「鬼とは誰の心にも潜んでいるのかも知れないね」と話す年輩の男性もいた。

帰りがけおば様二人が「AKURO」のポスターを見て、(写真を見ながら)「この人は誰々よね」と話していて、よくわからない様だったから教えてあげた。そしたら「主役の高麿役の人は歌が凄く上手ね~」と褒めていた。

観る前は全然興味のなかった人たちが、観終わった頃にはおもしろかったと言って帰って行くのが嬉しかった。力のある作品は年齢に関係なくその良さが伝わるのだと思う。

招待券がたくさん出るのはAKUROファンとしては寂しいけれど、一人でも多くの人に作品のメッセージが伝わることはやっぱり嬉しい。

tag : 坂元健児 友石竜也 AKURO

 TSミュージカルファンデーション「AKURO-悪路-」12月8日ソワレ

2008-12-15

初日の記事から時間が空いてしまいました。

今回の「AKURO」では初演で藤本隆宏さんが演じたヒトカ役を、友石竜也さんが演じています。前作でヘタレ男を演じていたイメージがあったので、まさかこんな男らしい役を演じるとは思わなかったです。

戦からは何も生まれないと、大和と蝦夷が共に生きていく道を探そうとする優しいヒトカ。大和への恨みがない訳ではないけど、それだけでは何も変わらないことをわかっている強い人です。この人がいなければ鉄の谷に辿り着いた時点で、高麿は殺されていました。
そんな優しいヒトカが最期「共に生きていく道を探したが、正しかったのはオタケだ」と言って亡くなったのが悲しい。でもヒトカの想いを受け継いで高麿がやろうとしたことは、きっとヒトカに届いているよね。

二幕、蝦夷たちが夢を語るシーン。初日はここで涙ぐんでいた坂元さん。この日はもう涙が抑えられなくて、泣きながらセリフを言っていました。でもね、泣いているのに顔は精一杯の笑顔なんです。その表情がまた泣けて泣けて仕方なかった。

謝先生は、このシーンを「初演では悲しいシーンだったけど、今回は未来への希望を感じさせるシーンにした」と話していました。初演では泣き崩れていたのに、今回は本当に楽しそうな笑顔で夢を語っています。

「この日高見に生まれ、日高見の大地に育まれ子を育て、そして日高見の大地にもどる。そんな一生を送ってみたい。」

この一時だけは全てを忘れて未来へ思いを馳せる高麿たち。でも高麿たちの思い描いた未来は“生まれ変わった後”のことなんだよね。それを思うと、やっぱり悲しいよね。

------------------------------------------------------

この日はスペシャルカーテンコールがありました。

司会の川本昭彦さんが考えたキャッチフレーズで一人ずつキャストが呼ばれ、

「主演安倍高麿役。またの名を“コアラ目のライオンキング”坂元健児」と紹介され、ひと通りプリンシパルの方たちの紹介を終え、川本さんが坂元さんにインタビューをしようとしたところ平野さん、福永さん、笠原さんと若手の皆さんが乱入!(たぶん予定通りだろうけど)

AKUROは歴史に埋もれたヒーローたちの話だから、普段は縁の下の力持ちに徹している若手のメンバーにスポットを当てようと、そんな訳でカテコは若手の隠し芸大会の場へと化したのでした。

まずは斉藤健二さんのアクロバット。舞台でバク転を決めまくって一際目立っている蝦夷が彼です。キレのあるバク転がかっこよくて惚れ惚れしてしまいます。坂元さんも高麿の衣装を着てなければ、軽く跳べるんだけどな~。

次は多根周作さんの盆回し。今回の舞台装置の盆(回り舞台)は主に彼が回しているそうです。まさに縁の下の力持ち。凄いです。

続いて松本誠さんのボール回し。バスケットボールを指一本で回す芸です。凄いなと感心して見ていたのですが、福永さんが挑戦したらあっさり出来てしまって、ちょっとかわいそうでした。

仕方なくもう一つの特技「パントマイム」を披露した松本さん。このスペシャルカテコの詳しい様子は川本さんのブログに詳しく載っています。

カテコはちょっとグダグダだったけど、舞台はとっても良かった。

ただ「AKURO」って舞台から放たれる想いが強くて、自分の思い入れも相当なものだから、観る度にいろんなことを考え過ぎてしまう。もっとエンターテイメントとして、割り切って観ることができたら、楽なんだけど・・。

そもそも舞台を観に行く感覚がないというのか、高麿の想いを感じに行ってるというのかな。初日は、初演との違いに気を取られてるせいもあって、一歩引いたところから冷静に観てる部分があったけど、2回目だと物語に集中できるから、高麿や蝦夷たちの想いが辛いほど伝わるんだよね。

特にこの日は観終わってからも高麿の言葉が離れなくて、「高麿が思い描いた世の中になっているだろうか」と悶々と悩んでしまった。夜も全然眠れないし、やっと寝ても夢か現実なのかその間で頭の中をずっと言葉がぐるぐる回ってて、何かわからないけど、もの凄くうなされた。

そんなことが二日くらい続いて、だんだんと冷静に観られるようにはなったけど、やっぱり坂元さんを観に行くのではなく、高麿に逢いに行ってる感覚なんだよね。

たぶん今、読んでる人がドン引きしてるんだろうなと容易に想像できます。自分でもちょっとイタイなとは思ってるけど、ついて来られる人だけついて来てください。

tag : 坂元健児 友石竜也 AKURO

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。