スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ウェストサイド物語 1月23日ソワレ

2008-01-30

ウェストサイド物語  四季劇場「秋」

キャスト

リフ:松島勇気   トニー:阿久津陽一郎
マリア:花田えりか  アニタ:増本藍
ベルナルド:加藤敬二  チノ:玉城任 他

今年1本目の観劇は劇団四季でした。とても有名な作品ですが、私はこれまで映画版も舞台版も観たことがありません。けれど映画を知らなくても、飽きずに最後まで引き込まれまれました。

この作品、アメリカでの初演は何と約50年前!そのせいか演出とストーリーに多少の古さを感じるところがありました。
例えばマリアが仕事場でトルソーを使って、トニーとの結婚式を夢見るシーン。今のミュージカルなら、そこからガラっと盛り上がる音楽がかかり、場面も結婚式に一瞬で変わったりするんだろうけど、そういうこともないしひと言で言ってしまえば地味だなと・・。
でもこのシーンは嫌いじゃないです。マリアの嬉しい気持ちやトニーへの純粋な愛が伝わってきてかわいいなって思いました。

ストーリーもやり尽くされた感じはしてしまいますが、そもそもロミオとジュリエットを基にして、それをこの時代のアメリカに置き換えた話なのでどうしても古臭さを感じてしまうのは仕方ないのでしょう。
けれど様々な人種の人たちが暮らすアメリカでは、実際にこういう悲恋がたくさんあったのでしょうね。だからこそ、時代が変わっても上演され続けているのだと思います。 

あとはやっぱりダンスがかっこ良かったです。皆さん手足が長くてとても素敵でした。

歌も映画を見たことない私でも知っている曲がたくさんあったし、本当に名曲揃いなんですね。
今回観ようと思った一つは、阿久津さんトニーが歌う「マリア」が聴きたかったからなんです。トニーがマリアのことを想う情熱的なラブソング。阿久津さんのトニーはマリアへの愛が溢れていて、観ている方が恥ずかしくなってしまうほど歌い上げていました。でもでもすっごく素敵!

トニーとマリアが歌う「トゥナイト」。この曲はバカップルソングですね。ミュージカルでは、レミゼのマリウス、ミス・サイゴンのクリス、オペラ座の怪人のラウルの3人を「ミュージカル3大バカ男」と愛をこめて呼びますが、この3人にはコゼット、キム、クリスティーヌともれなく女子が付いてきます。
この3組のカップルを私は「ミュージカル3大バカップル」に認定し、ぜひそこにトニーとマリアも加えたいと思いました。

「今日、1日想い続けた奇跡は君!」ってどれだけ周りが見えてないんだか(笑)。でも「トゥナイト」はバカップルぶりを見せつけてなんぼな歌ですから、これでいいですけど。

「トゥナイト」というと、あの(どういう意味かはご想像で)坂元健児さんも四季時代、四季劇場のこけら落としの記念式典で歌っているんです。この式典、四季ではめずらしくビデオ化されていて私も何度も見たんですけど、坂元さんのトニー、お世辞ではなく素晴らしい。出来ることなら、コンサート形式ではなく本舞台で観てみたいと思うほど聴き惚れました。
実際舞台で演じるには、純和風な見た目とかダンスとかとかダンスとかとかetc乗り越えなければならない課題がいっぱいですけどね(笑)。

で、いきなりラストなんだけど、これは読めてしまった。でもマリアは生き残るのね。ラストのトニーについては、もう少しどうにかならなかったのかな。決闘で不幸な出来事が起きてしまって報復されたわけだけど、争っている両グループはもっと別の道を見つけられなかったのかと思う。ちょっとトニーの無駄死に感が残ってしまいました。

でも舞台全体に漂うクラシカルな雰囲気はとても好きです。今回観て気づいたけど、この時代のアメリカ好きだな。ミュージカル「回転木馬」もこれとそんなに変わらない時代で(たぶん)、そちらも大好きなんです。「古き良きアメリカ」な雰囲気がいいんですよね。たまにはこういうミュージカルも逆に新鮮でいいかも。今度は映画版を見てみようかな。

スポンサーサイト

tag : 劇団四季 坂元健児

 Top Stage Vol.55

2008-01-27

Book Top Stage (トップステージ) 2008年 3/12号 [雑誌]

販売元:東京ニュース通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今発売中のトップステージに田中彰孝さんとナラ役の熊本亜記さんの対談が掲載されていました。

劇団四季との出会いから、ライオンキングのシンバ役に抜擢された時のエピソードも載っていて読み応えがありました。中でも熊本さんとの稽古の話が、あっきーらしいですね。やっぱりこの人天然なのかも。^_^;

写真もとっても素敵ですね。いつも思うんだけど舞台役者の人って、「どこで売ってるの?」というような服着てるよね。岡幸二郎さんとかいつもスゴイし。あっきーが着てるのは、とても似合ってるけど、そんなふうに感じました。

別のページには東京9周年記念の写真もありますよ。Look at Starの方にも9周年の記事が載ってます。

tag : 劇団四季 ライオンキング 田中彰孝

 わたしをパリに連れてって・・

2008-01-26

「羽衣伝説」で検索して来られる皆さん、ここにはパリ公演の情報なんてこれっぽっちもありません。

というわけで、ここ数日パリ公演のことを考えては溜め息ばかりの私です。

行きたくて行きたくて、昨日はこんなくだらない夢まで見てしまった。どんな夢だったかというと、「羽衣伝説」の舞台がテレビ中継されるという願望丸出しなもので、しかも「これ夢じゃないよね??」とほっぺたまでつねって大喜びしてるの。目が覚めて「はっ夢だったのか」と気づいた時には、ちょっと泣いた。

このことを姉に話したら「あんた最近、気づくと『健ちゃん、パリ、羽衣、観たい』って、針がとんだレコードみたいに虚ろな眼で呟いてるよね。」と言われた。

そりゃ呟くよ・・。

だって、退団してから毎公演、東京でやるものは全部欠かさず観てきたし、1回限りのイベントも何とか都合つけて、地方公演にもできるだけ足を運んだというのに・・・、公演中なのに観に行けないことが理解できない。

テレビでやってくれないかな。「羽衣プロジェクト」様、全国一千万(?)の坂元健児ファンのためにも、どうかテレビ放送もしくはDVD化を検討してください!お願いします。

tag : 坂元健児 羽衣伝説

 「羽衣伝説」新聞掲載情報+「おはよう日本」感想

2008-01-22

古い情報になりますが、舞台「羽衣伝説」の記事が掲載されています。

・福島民友新聞 2007年6月15日掲載
(写真あり)

昨年6月の懇親会(記者発表)の様子が、坂元さん、大塚ちひろさん、横山幸子さんの写真入りで載っています。

・福島民友新聞 2007年12月28日掲載
(写真あり)

12/27に行われたリハーサルの様子が載っています。こちらは衣装を着けた坂元さんたちの写真があります。

福島民友新聞社に問い合わせたところ、2008年1月初めの時点ではどちらも在庫がありましたが、取り寄せる場合は念の為事前に在庫があるか確認してください。

福島民友新聞社のHPでも見られます。

-----------------------------------------------

10日にNHK東北ローカルで放送されたおはよう日本」、東北にいる親戚に録画して送ってもらいましたので、感想を少し。

番組の内容は、「今年挑戦する人」と題し、羽衣伝説パリ公演にも出演する横山幸子さんにスポットを当てたもので、主に横山さんのインタビューと、先日行われた関係者向けリハーサルの模様を放送していました。

坂元さんは、数秒間だけ歌っている姿が映っていました。あとは坂元さんと大塚さんらしき人が映ってる?シーンもあったけど、遠過ぎてよくわかりませんでした。

どういうわけか横山さんの次に、吟遊詩人役の上條恒彦さんがたくさん映っていて、リハーサルの他にインタビューもありました。しかもインタビューされている後ろで、坂元さんと大塚さんが何か話しているのが見えて、
天女・猟師吟遊詩人なNHKの扱いにちょっと悲しくなりました。
やっぱりNHK世代の知名度の差でしょうか?でもほとんど映らないと思っていたので、少しでも見られて良かったです。

それにしてもこの「羽衣伝説」謎がいっぱい。吟遊詩人役の上條さんなんか、どう見ても、グリーンベレーを被ったアーミーにしか見えない。

猟師役の坂元さんに至っては、

いつも歯に衣着せない発言ばかりしている私でも、

さすがにちょっと口にするのは、ためらうというか・・

何ていうか、あの・・その・・・

まんま、浦島太郎にしか見えない。あ、言っちゃった。

だって浦島太郎と聞いて想像する、絵本にも描かれているような、「浦島・ザ・スタンダード」な格好なんだもん。本当にそっくりで、毛皮が腰みのに代わって、びく(魚篭)を付けたら竜宮城直行ですよ。
坂元さん猟師と漁師を間違えちゃったのかと思ったくらい。AKUROの「桃太郎」に続いて、このまま日本の昔話の主人公を制覇しそうな勢いを感じました。次は一寸法師(そのままでできる(笑))

それともう一つ気になったところがありました。

この坂元さん、髪型がポニーテールで、斜めに細長いかんざしのような髪飾りをつけているんですけど、角度によっては、頭に矢が刺さったことに気づいてない人に見えてしまって困ります。でもポニーテールは大好きなので嬉しいです。やっぱり和物にはポニテが似合います。猟師と吟遊詩人はともかく、ちひろさんの天女さんはかわいいですね。はぁ~生で観たいな~。パリに観に行く方がいましたら、どんな感じだったのか教えて欲しいです。

「羽衣プロジェクト」で検索していたら、エンタメ情報サイトで特集ページを見つけました。坂元さんのインタビューも載っていて笑いました。リンクに許可がいるので、「羽衣プロジェクト」、ディップス・プラネットで検索すると見られます。

tag : 坂元健児 羽衣伝説 新聞

 「空中ブランコ」テレビCM

2008-01-10

「空中ブランコ」のCMが放送されています。

アトリエ・ダンカンHPで見られるスポットは30秒ですが、こちらは15秒で少し短くなっています。

テレビ朝日の早朝4時台、やじうまプラスの始まる直前から6時くらいまでの間が、テレビ朝日の主催公演のCMが多く流されているので、そこが狙い目です。

tag : 坂元健児 空中ブランコ

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。