スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 年忘れ第1弾 「レ・ミゼラブル」

2007-12-28

「年忘れ」と大袈裟なタイトルがついていますが、何てことはありません。年内のうちに、タイミングを逃がして書けなかった記事を書いておこうと、そういうわけです。年忘れ企画第1弾は「レ・ミゼラブル」。

今年の「レミゼ」は20周年で、新たな演出が加わりました。そこで今回はアンジョルラスのシーンを中心に振り返ってみようと思います。

大きな変更の一つに、ガブローシュのシーンがあります。

バリケードでジャベールの正体をばらすところ、「ちび犬でも戦えるぞ」からが全部カットされ歌わなくなりました。どうやら、撃たれるシーンの歌の変更からもわかるように、革命家気取りのちびっこから、少年革命家に格上げになったようです。

ガブはちびっこだからこそ、撃たれた時の悲惨さが涙を誘うのです。新バージョンも悪くないけど、いつまでも、革命家気取りのちびっこでいて欲しい。そんなことを思いつつ、つい「ちび犬でも」と心の中で歌ってしまう私です。

でも、坂元健児さんファンの私、やっぱりガブ以上に気になるのが、アンジョです。

二幕冒頭の音楽の変更はともかく、バリケード登場シーンにはひと言(ではないけど)言いたい!

そこで登場シーンがどのように変わったのか、旧バージョンと比較しながら思い出してみましょう。旧バージョンといっても、2003年からしか知りませんけど。

まず、旧バージョン。音楽と共にアンジョがあれを持って颯爽と登場。
 

Image0019jpg_3

違いました。これじゃなくて、あの旗を持って登場。

Image0050jpg1jpg

これも違いますね。

Image0055jpg1jpg_4

これです。アンジョといえばこの赤旗です。

次に新バージョン。みんなでゾロゾロとバリケードをエイコラショと上りながら登場。

なんか、全員が定位置に着くまで長いんですけど。

やっぱり「レーッド!」とかっこよく登場して欲しい。続いて「夜明けの色、ブラック、夜の終わり」とアンジョが声高らかに銃を掲げるところもカット、代わりに同じメロディで「来い!相手になるぞー」フイイが歌ってます。

フイイにおいしいところ全部持っていかれた(泣)。これじゃ、誰がリーダーかわからないじゃないか!ここはアンジョに、びしっと決めて欲しい。ここが変更されたことが寂しい。

元に戻して欲しいけれど、旧バージョンではいつも気になっていることがありました。

Image0055jpg1jpg_9バリケードの天辺に現れるアンジョ。颯爽と登場したのは良いけれど、これってどう見ても、敵側から登場していますよね?
客席側がアンジョたちのいる方ですから、バリケードの向こう側は当然、政府軍の兵士でいっぱいのはずです。

Image0055jpg2jpg_3 だから、どうして撃たれないのかと、いつも疑問を感じていました。本当になぜなのか?ヒーローもので、主人公が決めゼリフを言っている間はどんなに隙があっても攻撃してはいけないという暗黙の了解のように、なっているのでしょうか?不思議です。

この点だけ言えば、新バージョンは凄く納得できるんです。好きかどうかは別として。でもやっぱり戻して欲しい。

ああ、エンドレス。


※ここに掲載しているイラストは、全て私の姉が描いたものです。いないとは思いますが、転載などはご遠慮くださいね。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 レ・ミゼラブル イラスト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます!
お久しぶりです。
今年もよろしくお願いいたします!!
お姉さまは、イラストがめちゃめちゃ上手ですね!
すごく楽しませていただきました!
今年も坂元さんがいっぱい活躍するといいですよね♪

mayuさん、こんにちは。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
「羽衣伝説」は行けませんが、「空中ブランコ」の方も楽しみです。今年は昨年よりもたくさん活躍して欲しいですね。
最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。