スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ウェストサイド物語 1月23日ソワレ

2008-01-30

ウェストサイド物語  四季劇場「秋」

キャスト

リフ:松島勇気   トニー:阿久津陽一郎
マリア:花田えりか  アニタ:増本藍
ベルナルド:加藤敬二  チノ:玉城任 他

今年1本目の観劇は劇団四季でした。とても有名な作品ですが、私はこれまで映画版も舞台版も観たことがありません。けれど映画を知らなくても、飽きずに最後まで引き込まれまれました。

この作品、アメリカでの初演は何と約50年前!そのせいか演出とストーリーに多少の古さを感じるところがありました。
例えばマリアが仕事場でトルソーを使って、トニーとの結婚式を夢見るシーン。今のミュージカルなら、そこからガラっと盛り上がる音楽がかかり、場面も結婚式に一瞬で変わったりするんだろうけど、そういうこともないしひと言で言ってしまえば地味だなと・・。
でもこのシーンは嫌いじゃないです。マリアの嬉しい気持ちやトニーへの純粋な愛が伝わってきてかわいいなって思いました。

ストーリーもやり尽くされた感じはしてしまいますが、そもそもロミオとジュリエットを基にして、それをこの時代のアメリカに置き換えた話なのでどうしても古臭さを感じてしまうのは仕方ないのでしょう。
けれど様々な人種の人たちが暮らすアメリカでは、実際にこういう悲恋がたくさんあったのでしょうね。だからこそ、時代が変わっても上演され続けているのだと思います。 

あとはやっぱりダンスがかっこ良かったです。皆さん手足が長くてとても素敵でした。

歌も映画を見たことない私でも知っている曲がたくさんあったし、本当に名曲揃いなんですね。
今回観ようと思った一つは、阿久津さんトニーが歌う「マリア」が聴きたかったからなんです。トニーがマリアのことを想う情熱的なラブソング。阿久津さんのトニーはマリアへの愛が溢れていて、観ている方が恥ずかしくなってしまうほど歌い上げていました。でもでもすっごく素敵!

トニーとマリアが歌う「トゥナイト」。この曲はバカップルソングですね。ミュージカルでは、レミゼのマリウス、ミス・サイゴンのクリス、オペラ座の怪人のラウルの3人を「ミュージカル3大バカ男」と愛をこめて呼びますが、この3人にはコゼット、キム、クリスティーヌともれなく女子が付いてきます。
この3組のカップルを私は「ミュージカル3大バカップル」に認定し、ぜひそこにトニーとマリアも加えたいと思いました。

「今日、1日想い続けた奇跡は君!」ってどれだけ周りが見えてないんだか(笑)。でも「トゥナイト」はバカップルぶりを見せつけてなんぼな歌ですから、これでいいですけど。

「トゥナイト」というと、あの(どういう意味かはご想像で)坂元健児さんも四季時代、四季劇場のこけら落としの記念式典で歌っているんです。この式典、四季ではめずらしくビデオ化されていて私も何度も見たんですけど、坂元さんのトニー、お世辞ではなく素晴らしい。出来ることなら、コンサート形式ではなく本舞台で観てみたいと思うほど聴き惚れました。
実際舞台で演じるには、純和風な見た目とかダンスとかとかダンスとかとかetc乗り越えなければならない課題がいっぱいですけどね(笑)。

で、いきなりラストなんだけど、これは読めてしまった。でもマリアは生き残るのね。ラストのトニーについては、もう少しどうにかならなかったのかな。決闘で不幸な出来事が起きてしまって報復されたわけだけど、争っている両グループはもっと別の道を見つけられなかったのかと思う。ちょっとトニーの無駄死に感が残ってしまいました。

でも舞台全体に漂うクラシカルな雰囲気はとても好きです。今回観て気づいたけど、この時代のアメリカ好きだな。ミュージカル「回転木馬」もこれとそんなに変わらない時代で(たぶん)、そちらも大好きなんです。「古き良きアメリカ」な雰囲気がいいんですよね。たまにはこういうミュージカルも逆に新鮮でいいかも。今度は映画版を見てみようかな。

スポンサーサイト

tag : 劇団四季 坂元健児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。