スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ネオロマンスステージ「遙かなる時空の中で舞一夜」2月3日マチネ

2008-02-04

遙かなる時空の中で  サンシャイン劇場

キャスト

元宮あかね:はねゆり  源頼久:成松慶彦

森村天真:中村誠冶郎 イノリ:椎名鯛造

流山詩紋:河野弘樹  藤原鷹通:根本正勝

橘友雅:寿里   永泉:長谷部恵介 

安倍泰明:八戸亮  多季史:木村啓介

藤姫:森林永理奈  小天狗:やまだまいこ 他

姉に誘われて雪が降る中、行ってきました。

元は「乙女ゲー」と呼ばれる女性向け恋愛シュミレーションゲームです。このゲームをプレイしたこともないし、あまり興味が湧かなかったのですが、Z団という和物の舞台で定評のある劇団を主宰している人の演出・脚本ということなので、観てみました。

ストーリーは簡単にいうと、平安時代によく似た異世界「京」に召喚された主人公・元宮あかねが8人のイケメン従者「八葉」と供に京を怨霊から守る為に戦うという話です。

期待していなかった割には、おもしろかったし楽しめました。ゲームやアニメ原作のステージにありがちな、ファンだけが楽しめる舞台にせず、ゲームをプレイしたことがない人にもわかり易い作りになっていたのが良かったです。
この舞台の元になった映画版は原作ファンからすると納得できないところもあるみたいですけど、私は原作には全く思い入れがないので、その辺りは客観的に観ることができました。

細かいことを言えば、初舞台の方も多くて演技面がちょっと気になったところもありましたけど、男性キャストは揃いも揃ってイケメンだったのでそこは目を瞑ります。オープニングがかっこよかったです。キャストの後ろに下りてきたスクリーンに一人ずつの映像が流れ(この映像もまたかっこいい)、八葉全員が揃ったところで、スクリーンにタイトルが出るのですが、映画を見ているようで圧巻でした。

敵の怨霊役3人組も舞台経験があるのか(Z団の団員?)、ギャグにアクションに多彩な活躍でこの舞台を引き立てていました。敵にしておくのはもったいないくらい。ギャグシーンの他にアドリブ?のシーンもあって、頼久と天真が怨霊の噂を聞きつけ捜しにいくシーンで、お客さんに「この辺で怨霊を見なかったか?」と聞きに行くんだけど、ここで頼久が天真に「おまえは2階席を頼む」とさらりと言って、天真はゼーゼー言いながら2階のお客さんに聞いてました。そして舞台上に戻ってきてひと言「こういうことは、打ち合わせしとこうよ!」
打ち合わせなしで、あの地獄の階段昇って行ったんだ(笑)。スゴイ。

けれどこの舞台の見所はやっぱりアクションシーンですね。常に8人~10人くらいの男の人たちが、入れ替わり立ち代わりアクションを繰り広げるわけですから、スピーディーでなかなかの見応えがありました。特殊効果(照明、煙など)もうまく使っていましたね。

ラストはちょっと切ないけど爽やかな後味の残るものでした。偏らず、いろんなジャンルのお芝居を観てみるのもいいですね。いつも観ているものとは違った発見があって気分転換になりました。

スポンサーサイト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。