スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「ふーちゃんの民話館」感想

2008-03-23

大変遅くなりました。2/17にBSフジで放送された「ふーちゃん民話館PARIS SPECIAL」の感想です。

1時間55分の中で主に以下の内容が放送されました。

・CGアニメ「ねえ・・みんな」のフランスでの製作の様子(10分)
・日本とフランスのCGアニメ(60分)
・パリの幼稚園・小学校の子どもたちとの交流の様子(10分)
・パリでの羽衣プロジェクトの様子(10分)
・羽衣伝説の舞台のハイライト映像(10分)

その他、15分はCMで、数えたら9回ありました。多過ぎ・・。

番組は、語り部の横山幸子さんと、総合ディレクターの竹治政枝さんの進行で始まりました。

そして謎のCGキャラクター・ふーちゃん。

このふーちゃん、まず人間なのか、わからない。人の言葉を話してはいるけど、瞬間移動できるところを見ると、たぶん人間ではないらしい。とにかく謎だらけ。

さらに良くわからないのが、裸にちゃんちゃんこ(?)という格好。
そして「見てみよう」、「了解」といったように、話す度に語尾に「ふ」がつく話し方。

語尾キャラ・・(ノ∀`)

開始早々いきなり、ゆるキャラの登場に俄然楽しみになってきました。これで退屈なアニメの部分もやり過ごせそうです。結局ふーちゃんが何者なのかは最後までわかりませんでした。

番組の大半はCGアニメが放送されたのですが、日仏混合のスタッフによって作られているらしく、文化の違いを感じました。

その一つが色使い。フランス人がアニメのカラーリングを担当しているせいか、日本の民話なのに、おっかさんの着物がピンクだったり、黄色い着物に青いツギハギがあったりと、かなり斬新な色使いで驚きでした。

それにしてもアニメ部分が長くて、いつになったら舞台映像が流れるのかと待ち遠しくて、何度サザエさんにチャンネルを回そうとしたことか・・。

まる子&サザエの誘惑に打ち勝ち、ついに見られると思ったら、「舞台の前に羽衣伝説のCGアニメをご覧ください。」ってどんだけ引き伸ばすの~。

そしてやっと番組の最後の方で、羽衣プロジェクトの様子が流れました。

・羽衣を通じたフランスの子どもたちとのワークショップ

・舞台設営の様子

・キャストたちがパリの空港に到着したシーン
坂元さんの姿も後ろの方にちょこっと映ってました。キャストは全員一緒に移動するんですね。

・衣装をつけての場当たりの様子
カツラはなく、衣装のみ。でもこちらの方がかっこいいな。

・シンポジウム

・舞台初日のハイライトシーン
舞台部分だけで約10分くらいありました。せいぜい2、3分くらいかと思っていたので、思ったより多くて嬉しかったです。

「なんだべ?」「そぉいばぁ、お互い名乗ってなかったな。おら、タカ(“ガ”に近い発音)ってんだ。」

ああこれが夢にまで見た坂元さんの福島弁!(涙)因みに私の母は東北の出身なので、私はちょっと東北弁にはうるさいんです。でも評判どおりなかなか上手じゃないですか。

こんなこと書いたら失礼かも知れないけど、坂元さんって標準語よりも訛りバリバリの方言の方が似合ってませんか?(笑)宮崎弁に限らず、どこの方言でも似合うな~。まあ普段から訛ってるもんね(そこが素朴で好きなんだけど)。

ソデギヌが地上に舞い降りるシーンの曲が美しく、印象的です。少しずつですが、坂元さんの歌もいくつか聴くことができました。曲の良さに加えて主演お二人の確かな技術。ミュージカルとしての完成度も高そうです。

超ハイライトなので、最後がどうなったのか良くわかりませんでした。それでも坂元さん演じるタカのソデギヌに対する深い愛情に、思わず涙が。生で観たらもっと感動するんだろうな~。やっぱり、ハイライトでは物足りない・・。いつか舞台全部放送されないかな。この際だから再演でもOK。いやむしろその方が・・。

羽衣プロジェクトさん、来年辺り日仏交流151周年記念(半端だな)でやりませんか?

舞台写真は公式サイトで見られます。(トップ→イベントの模様をクリック)

レセプションのページ以外にも、ゲネプロと舞台本公演のページがあったんですね。最近になって気づきました。ゲネプロページ右上の親子の写真が、ほんわかしていて好きです。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 羽衣伝説

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。