スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「ミス・サイゴン2008」第二次製作発表その1~みんなで歌おうアメリカン・ドリーム~

2008-03-24

今日は「ミス・サイゴン」の製作発表に姉と二人で行ってきました。

既に公式に詳しい速報が出ていますが、そこでは書かれていないことや、サカケンマニアの目線で一味違ったレポをお届けしたいと思います。とはいえ、8bitの頭をフル回転しても限界はあるので、順番など違うことがあるかも知れませんが、そこはご了承くださいね。

座席は抽選で決められ、何と私たちは、全然別々のところから選んだのに隣同士になりちょっとびっくり。列も一桁ではないものの、割と前の方の列に当たりとても観易い場所でした。

しかも今日招待されたのは、1600通余りの中から当たった700人だったらしく、今年早々にクジ運を使い果たしたのは間違いないですね。

ほぼ定刻通りに、あの懐かしいヘリコブターの音と共に、幕にロゴが映し出されスタートしました。幕が上がると舞台には、宝塚ばりの大階段が現れ、そこにはアンサンブルさんたちの姿が。

オープニング「火がついたサイゴン」の前奏が流れ、アンサンブルさんたちの迫力のある歌声が響き懐かしさで感激でした。

曲が流れる中、プリンシパルの皆さんが登場です。一人ずつ名前を呼ばれ大階段に立ちます。出演者全員で歌う「火がついたサイゴン」は鳥肌ものでしたよ。
この日のプリンシパルは、エンジニア役の市村さん、別所さん、橋本さんの3人以外は全員出席されていました。

すご~く久しぶりに観た坂元さんは、一目ではっきりとわかるくらいマッチョ度がUPしていて、特に大胸筋が凄くて(筋肉の話になると止まらなくなっちゃう~)、スーツがパッツンパッツンでした。暫く見ない間にもこうして着々と次の舞台のために準備していたのですね~。

ジョン役の皆さんは大階段の中程辺りに、岡さん、岸さん、坂元さんの順で並んでいました。誤解のないように言っておきますが、名前順ですよ!決して、岡さんの隣に坂元さんが並ばないように配慮されたということではないですから!(あっでも、坂元さんが1段昇れば岡さんと背丈がちょうど良くなったかも)

レミゼだとプリンシパルの人数も多くて、横一列にズラッと並ぶとどこにいるのか見つけ辛いですけど、サイゴンはそんなにいないので、一人一人が目立ちますね。さらに今回は大階段があり、他の人に埋もれることがないので、観易くて良かったです。実はこの大階段、「ドリームボーイズ」のセットなんですが、次回以降も使って欲しいな。

続いてプリンシパルの挨拶です。司会はフジテレビの軽部アナウンサー。坂元さんの挨拶を憶える為、他の皆さんの挨拶はほとんど憶えてないので、そこは公式を見てください。

坂元さんの番になり、「4年前はクリスとジョンを演じられましたが、今回はジョンだけということで、それについてはどうですか?」と訊かれ、

「今その話をするともう泣きそうで・・・。今回もクリスがやりたくて、僕の中ではまだクリスが残っているんです!でももしかしたらクリスの4人に事件が起きるかも・・?」

軽部「もしクリスの4人の誰かが何かあったら、それは坂元健児さんが関わっているということですね。」

おいおい、そんなことを冷静に話すなよ!(笑)

「いつでもクリスで出られるように準備万端でいようと思います。」

軽部「何かジョンというよりクリスの決意表明でしたね。」

ええ、本当にジョンの話は全くしていませんでした。この人、本当にジョンやるんだよね!?

半分は冗談なんだろうけど、「僕の中ではまだクリスが残っているんです。」という中には、ほんの少し本音が隠されているのかなと、坂元クリスを熱望していた私はそう思いたいです。5人目のクリスで観られたらな~(しつこい)。

坂元さん、他の方が挨拶している時は、だいぶ緊張していました。それを見かねてか岸さんが時折話しかけてくれて、挨拶が終わる頃にはリラックスした様子でした。いい人だね。岸さんありがとう。

続いて歌のコーナー。

原田クリスと新妻キムの「世界が終わる夜のように」

初クリスの原田くん声量もあり歌も上手でした。若干こぶしが利いていた気がしたけど。

筧エンジニアの「生き延びたけりゃ」

本番の衣装と小道具を使っていて懐かしかったです。アドリブもありました。

ソニンキムの「命をあげよう」

若さ故、まだ荒削りな印象を受けました。もう少し母親らしさがあるといいけど、歌のうまさは他のキムに負けてないし、本番が楽しみ。

岸さんの「ブイ・ドイ」

これを聴いて、岸さんジョンが観たくなりました。岸さん目当てに通うかも。

歌が終わり、ビリー先生が登場。ここからはお客さんも参加して「みんなで歌おうアメリカン・ドリーム」です。

まずは発声練習と歌唱指導です。アンサンブルの皆さんは、客席に降りて来てくれました。

発声練習の合間にふと舞台の方を見ると、なぜか岸さんは坂元さんに「アメリカン・ドリーム」の(アンサンブルさんの)振り付けを教えていました。
他にも発声練習をしながら、簡単な振りを付けているキャストさんがいたので、岸さんもやってみせたのだと思うのですが、坂元さんは踊ってくれませんでした。せっかくターンしてみせたり、一つずつ丁寧に教えてくれたのに・・ぎこちないダンス見たかった。

歌唱指導でイントロの説明をしていた時、「聞いてますか?坂元さん。ちゃんと聞いててくださいね、坂元健児さん!(なぜかフルネーム)」とビリー先生に名指しで注意を受けていて、ズッコケそうになりました(笑)。客席は大ウケでしたけど。

どこの小学生だよ(笑)。名指しで注意されないでください!でもきっと学生時代もそんなふうに注意されてたんだろうなとそんな光景が浮かびました。

最初はみんなで歌うのは、あまり乗り気じゃなかったけど、練習しているうちにだんだん楽しくなってきて、最後は一緒に歌えて良かったなと思いました。キャストと歌う機会なんて滅多にないし、貴重な体験をさせて貰いました。

この後写真撮影があり、その後元の並びに戻ろうとしていた時にまた岸さんが坂元さんに何かしているではないですか!

この時舞台上は、退場するマスコミや移動するキャストたちでごった返していて、よ~く見ないとどこにいるかもわからなかったのですが、私は確かに見ました。

何しているのかと思ったら、岸さんは坂元さんの肩に手をかけ、服についたゴミ(爆)を取ってあげていました(笑)

何でゴミがついてんだよ!!しかも一つじゃないよ。結構長い間、真剣に取ってたし、髪の毛も触ったりして。もしかして毛玉取ってたのかな?

ゴミをプチプチ取る岸さんと、何も言わずに取って貰う坂元さん。シュールだね。その光景はまるで犬の親子が毛繕いをするが如く(サル山のサルでは、あまりにもあんまりだと思うので・・)。

舞台上で何やってんのかね・・・この二人。しかも本番中だし。おーい見られてるぞー。

非常にマニアックな視点ですみません。以上無駄に長いレポを終わります。また何か思い出したら書きます。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 ミス・サイゴン

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ブラボォォォォ!!
初めまして。tomoと申します。福岡在住の坂元さんファンの30代女です。
楽しくて、坂元さんのことがよくわかるレポ、ありがとうございます。
これからも、楽しみにしています。

お久しぶりです!
詳細なレポ、楽しく読ませてもらいました。
やっぱり坂元さんは楽しい人ですね~。岸さんとの仲のいい光景が浮かんできました。
お姉さんと一緒に抽選に当たり、席も偶然隣ってすごい確率ですよね。
楽しまれたようで良かったです!

tomoさん、初めまして。[E:happy01]
楽しんで戴けて良かったです。こんな駄ブログですが、これからもよろしくお願いします。また遊びに来てくださいね。

emiさん、こんばんは。[E:happy01]
岸さんと坂元さんて仲いいですよね。イベントではいつも一緒にいるし、大概ちょっかい(笑)出しているのは岸さんの方だけど。[E:smile]
この二人見てるといつも何かしているので、他の人が話している時も、つい見てしまうんですよね。困ったことです。。
最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。