スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「空中ブランコ」茨城公演 5月29日ソワレ

2008-06-14

大千秋楽の茨城公演に姉と一緒に行って来ました。

東京駅から高速バスで1時間半、最寄り駅の鹿島セントラルホテルに到着。バスを降りて・・・

ここはどこ?

そもそも神栖市って名前自体、初めて聞いたけど茨城のどの辺なんだろう?(帰宅してから地図を見たら、茨城県の端でした。鹿島や潮来の近くですね)。

それにしても、ホテル以外なーんもない!。・゚・(ノ∀`)・゚・

確か市民センターでチケットを取った時、神栖市内には鉄道が通ってないから、バスで来てって言われたっけ?鉄道で行くと、最寄り駅から車で何十分もかかるらしい。これはヤバイところに来てしまった・・。

そういえば電話予約の際、こんなことがありました。

私「5/29の空中・・

受付「『しまじろう』ですね?」

「いえ・・空中ブランコのチケットを・・。ええ、確かにかつて、しまじろう役の声優にハマり、しまじろうを毎週録画していた黒歴史を持つ私ですが、今は足を洗いましたのでそれは結構です。」と言ったとか言わないとかまあ、そんなやり取りがあり、危うくしまじろうのチケットを取ってしまうところでした。

ホテル以外に目立つ建物は飲食店がチラホラあるだけ、あとは海。

本当にこんなへんぴなところで(市民の方、すみません)、「空中ブランコ」やるんだろうか??

もしかしたら私たちは騙されているんじゃなかろうか(笑)。

不安な気持ちを抑え、更にタクシーで10分かけ会場の神栖市文化センターへ。会場前はコインランドリーと、営業しているのかいないのかよくわからない喫茶店が1軒・・・。

本当にこんなところで(以下、省略)と思ったら、「空中ブランコ」のポスターを発見!

良かった~夢じゃなかった~!!(つД`) 

それにしても、5月も終わろうとしているのにとっても寒くて、開場まで同じ建物内にある公民館で待つことにしました。ロビーに地元の子どもたちが描いた大根の絵が飾ってあって、何十枚も貼られた絵を眺めているとおかしな気分になってくるので危険です。

客層は若いお母さん世代が多く、子連れも結構見かけました。ほとんどが地元の方で、皆さんご近所さんのようでした。

舞台が始まってすぐ、公平がブランコから落ちるシーンで会場は大爆笑でした。えっここで笑うの!?

大部屋での飲み会のシーンで、公平が床に叩きつけたビールの空き缶が、勢い余ってコロコロと部屋の外へ。よくよく考えると、部屋の中から外へワープしてるわけで、公平的には

「あれ、何でさっき叩きつけた空き缶がここに?」(;´Д`)

サーカスサーカスサ~サ~カスが来る~

とまた、幻覚突入ってことになりかねなません。

公ちゃん、空き缶はちゃんとくずかごに捨てましょう。 

空き缶は後で坂元さんが拾ってました。

ラストの空中ブランコ。伊良部先生とのやり取りの後、迷いを振り切って飛んだ公平。あの歓声は成功したんだよね。

やっぱりここが一番好き。何度観ても、手に汗握ってしまうし飛んだ瞬間は息を飲んでしまう。(ストーリー上は)ジャンプが成功するのはわかっているのに「公ちゃん、頑張れ~!」と祈りながら観てました。

坂元さんの美しいスイングも、華麗なジャンプもついにこれで見納めかと思うと、瞬きするのも惜しい

最後のジャンプ、キャッチャー役の今奈良さんの手に届きそうでした。いや届いたはずです。

☆小ネタシリーズ☆

伊良部のジャージのアドリブは「スワロフスキーを散りばめて貰おう」でした。

カテコではサトエリさんが、ラスト手前のシーン(サーカス芸をするところ)の時に着ている衣装にナースキャップ姿で、バック転を披露していました。ちょっと失敗していたけど。

宮迫さんの挨拶。

「最初は正直、何で大千秋楽が茨城なんだと思ったけど、温かいお客さんに迎えてもらって、茨城が最後で良かった。芸人がてら座長をやらせて貰って、本当に大変だったけど、周りのキャストやスタッフに支えられて無事に務めることができた。お客さんに背を向けるのは失礼だけど・・・」

そう言うと宮迫さんはキャストたちの方を向き、「ありがとうございました」とお礼をされていました。

そんな宮迫さんを温かく見守るキャストたち。笑顔の人もいたけど、女性の中には泣いている人もいましたね。

いろいろなジャンルから集まった人たちだけど、仲のいいカンパニーだったことが伺えた瞬間でした。坂元さん、笑顔を浮かべつつも少し涙ぐんでいたように見えました。

2回目のカテコでキャスト全員が手を繋いでお辞儀をして、歓声に応えていました。

この時いつものカテコで流れるバックミュージックではなく、ラストで公平が空中ブランコに乗る時の音楽が流れてきて、いろいろな思いが込み上げました。

カテコはこれで終了でした。舞台が終わり帰る準備をしていたら、緞帳の向こうからキャストとスタッフの皆さんが打ち上げで三本締めをしている様子が聞こえてきました。本当に終わってしまったんですね・・。

地方って舞台を観に行くというより、テレビに出てる有名人を観に行く感覚なんでしょうね。宮迫さんやサトエリさんの登場シーンで必ず拍手があるのもそういう感覚なんだと思います。

東京はお客さんもいろいろ見慣れている分、有名人を観られるだけでは、満足しないし、作品も厳しく見てしまうところがあるけど、地方って地元に来てくれるだけで大歓迎な雰囲気がありますよね。

だから評価をするのは二の次でも、まず楽しもうという気持ちがあるから、観ている時の反応もいいし、雰囲気も温かいのかも知れないですね。それだけでも観に来て良かったですね。宮迫さんが「大楽が茨城で良かった」と言った訳もわかる気がしました。

帰りはタクシーが掴まらなくて、電話でタクシーを呼び何とか間に合いましたが、最終バスの時間も迫っていたため大変焦りました。こういう詰めが甘いのは相変わらずです。

そういえば車内で運転手さんに「市民センターで今日は何やってたの?」と訊かれ「演劇の公演をやってたんです」と答えたら、「あぁそれでね。この後、楽屋口に迎えに行くんだよ」と教えてくれました。

おそらくカンパニーの皆さんは、鹿島セントラルホテルかどこかに一泊されたんですね。いいな~こっちは日帰り強行軍なのに。。遊びだけど疲れた・・。でもと~っても満足でした。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 空中ブランコ

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

茨城遠征お疲れ様でした~。
神栖の様子にビックリされたようで・・・。祖母の家がそっち方面なのですが、店はない、バスもないで不便なところなんですよ。まあ、のどかでいい場所ではあるんですけどね(笑)

kanokoさん、こんにちは!
各地での『空中ブランコ』レポ、じっくりと拝見させていただきました~
すごいですねぇ(o^-^o)
お陰でしっかり舞台観ちゃったような気になりましたよん。
この調子で?!来月からはサイゴンに突入されるのかしら。。。
今年の夏は熱く・楽しくなりそうですネ♪

emiさん、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
確かにちょっとびっくりしました。けど、これまで観た中で一番温かい雰囲気だったので、神栖で千秋楽を観られてよかったです。
きっと出演者の方たちもそう思ってますよね。
テレビ放送が楽しみです。サカケンファン必見です!

ふわわさん、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
いえいえ、レポなんていう大そうなものではありません。自分自身が忘れないための備忘録です。ですので、読みづらい部分もあったかと思います。
サイゴンも通いたいんですけど、ブランコで散財してしまったので、今のところどの程度行けるかわかりません。でも暑い季節に熱いサイゴンっていいですよね。
最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。