スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ミス・サイゴン2008年上演!

2006-10-07

既にご存知だと、思いますミス・サイゴンが2008年7月~10月まで帝劇で再び上演されます!そして今回も、オールキャストオーディションが行われるようです。

日本では過去2回上演され、2004年に上演された時に初めて観て、スケールの大きさ、ストーリー、音楽の素晴らしさ、全編が歌で綴られる迫力、全てが衝撃的で圧倒されました。

全部で10回通い、回数だけ見ればさほど多くは通ってないのですが、かなりハマってしまい、終わってからしばらくは、ポッカリと穴が開いた様に気が抜けてしまいました。

好きなミュージカルはたくさんありますが、これ程、入れ込んで再演を切望していた作品はあまりありません。

今回の上演が決定した時も、またあのサイゴンに会えるんだと思うと、本当に嬉しくて涙が込み上げてきてしまいました。

ストーリーと音楽が大好きなので、2008年に坂元さんが出演しなかったとしても通うとは思います。

でもやっぱりここまでハマったのは、坂元さんの演技と歌に魅せられたからなんです。サイゴンと坂元さんは切っても切り離せないというか、坂元さんのいないミス・サイゴンは考えられません。

坂元さんクリスって、狂おしい程キムを愛しているというのが痛いほど伝わってくるんです。

サイゴン陥落で離れ離れになってしまい、生きているのか亡くなっているのか分からない、どちらにしてもキムとはもう会えない、そう思うと気がどうにかなってしまいそうで自ら死を選ぼうとしたことも一度や二度では無かった。きっとそのくらいまでクリスは追い詰められていたんだと思います。

それでも生きていかなくてはいけない、キムのことを忘れるために、すがるような思いでエレンと結婚したのではないか、坂元さんクリスを観ているとそんなふうに思えて来るんです。

坂元さんのクリスは、若さ故の過ちというより、弱さ故という気がします。弱い人間だからたくさん傷ついて来たと思う、だからこそ周りの人たちに優しくできる。そんなキムへの優しさ、せつなさが伝わってきて、ラストシーンがよりドラマチックに感じられました。

もちろん坂元さんの歌も素晴らしいのですが、サイゴンでは演技に泣かされました。正直なところ、ここまでの演技を見せてくれるとは期待していなかったので驚きました。

2008年はクリスをやるとしたらギリギリの年齢かも知れません。ですが、歌も演技も熟成され、さらに磨きのかかった姿を見せてくれることでしょう。もう一度、坂元さんクリスが見たいです!ジョンも見たいです!ついでに、トゥイも!この際だから3役ともやって欲しいです。

キャスト以外にももう1つ心配が。サイゴンって確か、(日本版を除いた)2004年から、小さな劇場でも上演できるようにセットなどを改訂したニューバージョンに変わりましたよね。

今現在上演している韓国版サイゴンもこのバージョンみたいだし、その韓国版サイゴンの公式ページにも、韓国と今後上演予定のある日本、ドイツ、南ア共和国、オーストラリア、オランダの6カ国で、このニューバージョンでの上演が予定されていると書いてあるんです。

詳しくはわからないんですが、ニューバージョンって確か、ヘリのセットではなく映像が流されていたと思うんです。

ここは見せ場だし、実物大だから出せる緊迫感もあるし、スケールの大きさもサイゴンの魅力の一つだと思います。それが映像になってしまうと、迫力に欠ける気もします。

とにかく今は、詳細を待つしか無いですが、キャスト発表は相当先でしょうね。坂元さんが見られるように祈ってます。

ミス・サイゴン Music ミス・サイゴン

アーティスト:本田美奈子,日本公演オリジナル・キャスト
販売元:東芝EMI
発売日:1992/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 ミス・サイゴン

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。