スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「Calli-炎の女カルメン-」6月5日ソワレ&8日千秋楽

2008-07-29

TSミュージカルファンデーション「Calli-炎の女カルメン-」

2008.5.30~6.8  天王洲 銀河劇場

キャスト

カルメン:朝海ひかる  ガルシア:天宮良  ジャン:今拓哉  
ビゼー:戸井勝海  ホセ:友石竜也  スニーガ:宮川浩  
ヘンリー:野沢聡  ダンカイーレ:平野亙  レメンダード:良知真次  
オマール:東山竜彦  ファニト:三浦涼介

友石さんの復帰第1作目です。だいぶ前に観たので細かいとこは忘れてしまいましたけど。

1回目の時は、前半で眠くなってしまいました。決してつまらなくはないんだけど、単調なシーンが続き、歌もきれいだけどあまり耳に残らなかった。期待し過ぎたのか、全体を通して盛り上がりに欠け、いつものTSから感じるエネルギーはあまり感じられなかった。

ホセがカルメンを殺すところはこの話の見せ場だし盛り上がるけど、その後のカルメンの真実が語られるところからが長い。それと説明的なセリフが多い。観客が理解していることをわざわざ説明するからくどい。

それが2回目ではストーリーを理解した上で観られたのもあるけど、だいぶ印象が変わりました。

1回目とは違い、カルメンの気持ちも理解できた。カルメンは心からホセを愛していたし、そのホセに殺されるのなら本望だったと思う。

ホセは良くも悪くもまっすぐで熱い男。最後までカルメンの愛を信じることができず、恋敵だけでなく、カルメンまでその手で殺してしまう。自分の手に入らないから殺すというのは、わからないけど、一人の人を殺すほど愛せるのって凄い。

脚本は無理がある点もあったけど、新しいカルメン像を描いたのはおもしろいと思う。キャストは今回もレベルが高いです。

カルメンの朝海ひかるさん。ダンスはさすがで、フラメンコも上手だったのではないでしょうか(フラメンコは見たことがないから基準がわからない)。見た目も中身も濃い男性陣の中でも存在感がありました。

今回の観劇の目的である、ホセの友石竜也さん。
劇団四季を退団されて、初のミュージカル出演でしたが、あの透明感のある歌声を聴かせてくれました。ブランクも感じさせませんでした。

カルメンにぞっこん(この言葉がぴったり)のホセって、なんかかわいい。カルメンに「かわいい坊や」って言われただけで照れちゃうし、頼まれたらあっさりと逃亡させちゃうし、素直過ぎだろ!中2病か、ホセ。一体どこのチェ○ーボーイだよ、おまえ。

ホセの恋もこの辺で終わってたら良かったのに、どんどん溺れていって、挙句の果てには恋敵たちとカルメンまで殺してしまって、だから中2なんかにナイフ持たせたらダメって言ったじゃん。
ホセったら清々しいくらいの転落人生だね。自業自得だけど。でも友石さんにこんなにヘタレな役が似合うとは意外でした。ぴったり。未だに高校生役をやってるあの坂元さんでさえ、ホセの青臭さには敵いませんね。
「AKURO」ではかっこいい蝦夷の役だと思うので、次からはぜひともヘタレな役を追求していって欲しいと思います。←褒めてます。熱くまっすぐな性格も友石さんにぴったりでした。

ジャンとビゼーの今さんと戸井さんは、歌はもちろん演技の上手さで舞台を締めていました。

ヘンリーの野沢さん。ほとんど笑いどころのない舞台の中で、唯一力を抜いて観られる役ですね。いつも「ハッハッハッハ」と高らかにいい声で笑ってました。後ろの席の人も言っていましたが、その姿が髭男爵を思い出させ困りました。

この他の皆さんもダンスの踊れる方ばかりでレベルの高いものを見せて貰いました。

8日は千秋楽ということで特別カテコがありました。

通常のカテコがあり、朝海さんのお礼の言葉の後、舞台中央の丸い台の上で一発芸お披露目大会が始まり、バレエのターンをしたり、アクロバット技を披露したりと大変盛り上がり、楽しかったです。

この後、キャストからの挨拶があり、友石さんは、司会の宮川さんに某劇団を退団して初の外部でのミュージカル出演と紹介されました。

友石さんの挨拶。

「某劇団を退団して初めてなので、本当にわからないことばかりだったし、大変なことばかりでした。
稽古をしていても初日の舞台に立っていのか想像できなかった。なんとか千秋楽まで穴を開けずにやれてほっとした。某劇団は代わりはいくらでもいたので(笑)。
今度再演があったら僕の役は坂元健児さんがやっているかも知れません。(客席爆笑)
今回は足が痛くてあんまり踊れなかったけど、12月のAKUROでは踊るので観に来てください。」

客席から観ているだけではわからない苦労があったんですね。代わりはいくらでもいたと笑いながら話してましたが、実際いつ役を降ろされるかわからない状況で舞台に立ち続けるのって精神的に追い詰められますよね。

でもここで坂元健児さんのお名前が出てくるとは思わなかった。キャラが被っていると言われるお二人ですけど、朝海さんのファンや坂元さんを知らない人たちには何のことかさっぱりですね。坂元さんが友石さんの役をやることはないと思いますが、逆に坂元さんの役をとられちゃったら嫌だな~。お二人とも大好きだからこそ、心配だったりします。共演は大歓迎ですけどね。

今回久しぶりに舞台で生き生きとしている友石さんを観て、凄く嬉しかった。やっぱりこの人は舞台で輝く人だと感じました。それと同時に、普段坂元さんの舞台をあたり前のように観ているけど、様々なことを乗り越えた上で立ち続けているんだと、舞台を観られることにもっと感謝しなければと思いました。

スポンサーサイト

tag : 友石竜也 坂元健児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。