スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 AKURO感想その1(全体)

2006-11-07

※ネタバレしています

今さらですが、「AKURO」の感想を少しだけ。
今回は事前に情報番組や雑誌で、取り上げられたり、観る前から結構情報があり、その時点では初見で理解できるかなという不安もあったのですが、実際には、すごく分かり易い話でした。ストーリーだけで言ったら、何てことは無い話なんですけど、いろんな意味でこんなに衝撃を受けた作品は久しぶりでした。
実を言うと、初見の時、途中でラストが読めてしまったんです。でも、そんなこと、どうでもよくなるくらいに、高麿の命を懸けて伝えたかった想い、蝦夷たちの想いが、心にストレートに伝わって来て、涙が止まりませんでした。見る度に、その想いが強くなっていって、ラストも鬼気迫って行き、「想い」というか「念」に近いものを感じました。それに加えて、ラストは迫力のある殺陣シーン、思わず息をするのを忘れそうになる程でした。

最初は敵対し、高麿を疑いの目でしか見ていなかった蝦夷たちが、ラストでは「高麿を都へ」と一丸となり、大和と戦い倒れていく。それに応えようと、必死に最期の最期まで、生き延びようとする高麿。最期は、田村麻呂に討たれて斬首されてしまうけど、高麿の魂は、アケシとの間に産まれた子へ受け継がれて行く。高麿の「信じなければ、何も変わらない」、アテルイの「自分の目で、自分の耳で感じた世界を信じろ!」という言葉が胸に突き刺さりました。TSって、作品や作品の時代が違っても、伝えようとしている「どう生きるのか」というテーマは変わらないんですよね。高麿が命を懸けて伝えようとした姿を見て「一歩踏み出す勇気」を貰いました。何気なく毎日を過ごしている私には、とても大切なことを気づかされた気がします。

今回は、若手アンサンブルを、20人起用したのも良かったと思います。技術的なことでは、揃ってなかったり、少し荒削りな印象も受けましたが、まとまり過ぎても、迫力に欠けてしまうので、むしろ良かったかなと。力強くて迫力があって、この舞台を引き立てていましたね。

他にも語りたいことが、たくさんあるのですが、今日は、このくらいにしておきます。その1ということは、まだ続くのでしょうか?少なくとも11月いっぱいは「AKURO」ネタで引っぱることでしょう・・・。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 AKURO

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。