スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 未来への希望

2010-06-30

日本代表がパラグアイにPK戦で負けてしまいました。
前半、後半の90分、そして延長の30分。それでも決着はつかず運命のPK戦へ。3人目の駒野が外し、結局0-0(PK5-3)で日本のワールドカップは終わりました。駒野に非はありません。誰だって外す可能性はあったし、ただ日本に少しだけ運がなかった、それだけです。
駒野は120分フルで、いい動きを見せてくれていました。それなのにどうして責めることが出来るのでしょうか?(朝のニュースで、駒野の母親に無理やり「申し訳なかった」と謝罪させた某局(パラグアイ戦を中継したテレビ局)のことを私は許せません。どうして傷口に塩を塗るようなことを平気でするのでしょう。サッカーファンの気持ちを逆撫でしています)。

負けたことは、凄く悔しい。でも実力でパラグアイに負けたんじゃない!3戦全敗と言われていたのに、よくここまでやってくれたと思う。
これまでほとんど勝てなかったパラグアイにここまで食らいつくことができた。開幕前は、全く希望がなかったのに、夢中にさせてくれた。

正直なところ、開幕直前の練習試合で負け続け、監督や選手たちのことも信じられなかった。もう日本代表を応援するのやめようかなとまで思った。きっとチーム内も最悪の状態だったと思う。だからこの時点では、まさか決勝トーナメントへ進むなんて、これっぽっちも思ってなかった。

そして開幕。闘莉王が「国歌斉唱の時に、みんなで肩を組もう」と呼びかけ、監督は思い切って先発メンバーを変えた。半信半疑だけど何かが変わり始めているのかもと、そんな感じがした。思えばあの危機があったからこそ、選手たちの意識が変わり、チームが一つになれたのかな。サッカーが大好きという気持ちを蘇らせてくれて、また応援しようって思わせてくれたワールドカップになった。

ネットでこんな記事を見ました。http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100630-00000513-san-socc

<5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。>


どうやらバルデスは

おまえが外したゴールは、俺がスペインのゴールにぶち込んでやる!」と駒野に語りかけたそうです。

同じサッカー選手だからこそ、PKを外した時の辛さも知っている。言葉は通じなくても気持ちは通じているんだよね。いいね。男同士の約束。試合が終了したら敵も味方もないもんね。バルデスいいヤツだな~。これを聞いて悲しかった気持ちが少し晴れたよ。それにしてもバルデス、「スペインにぶち込んでやる」と言っているが、この時点ではまだスペインかポルトガルのどちらのチームがベスト8に上がってくるか決まってなかったはず。結果的には当たったけど、決め付けちゃうところが海外の選手って感じだよね(笑)。

パラグアイには、いいところまで行って欲しいです。スペインも好きなので両方応援したいですが・・・。現地では試合中、南アフリカの人たちが日本を応援してくれたそうです。世界中から健闘を称える声も挙がっています。
全く注目されていなかった日本代表が、世界中に驚きと興奮を与えることが出来た。それだけでもベスト16まで来た価値があったはずです。

日本代表には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

どうか胸を張って帰国してほしい。勝っても、負けても岡田監督との契約はW杯終了までだから、この素晴らしいチーム(選手、監督、スタッフ全てのメンバー)が解散してしまうことだけが今は、ただただ悲しい。
日本代表は解散してしまうけど、日本サッカーはこれからも続いて行く。日本代表たちは日本サッカーの未来に希望を繋いでくれた。いつの日か、この時のことは無駄ではなかったと思える時が来ることを心から願っています。

※日本のワールドカップは終わってしまったけれど、まだまだ強豪国が残っていますよ。私はアルゼンチンが優勝すると予想しています。

twitterやってます。takamaro_kenkenをフォローしましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。