スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2006年ランキング

2006-12-31

☆今年の坂元さん5大ニュース

では、1位から。

第1位

ファーストアルバム「Colours」発売!

記念すべき、9月27日についに「Colours」が発売されました。構想・製作に2年かかっただけあって、坂元さんの素敵な魅力いっぱいのCDです。坂元さんと、これまで共演してきたキャストやスタッフの皆さんが一緒になって作り、それが1つの形となったことがとても嬉しかったです。
どの曲も気に入っているのですが、選ぶとしたら、「虹をつれて」「ふたつの子守唄」「朝焼けを待ちながら」が好きです。

第2位

「AKUROー悪路ー」主演

これは、私の思い入れが強く入っているので、2位ということで・・。初日を観て、とても衝撃を受けました。高麿と、AKUROという作品に出会えたことが、大袈裟ではなく、自分の生き方を見つめ直すきっかけを与えてくれました。

第3位

FCイベント開催!

ファンが待ちに待った、FCイベントが開催されました。今回はLIVEイベントだったので、歌をたくさん聴くことができたし、坂元さんの意外な一面も見ることができて、本当に幸せでした。
愛犬、小弥太とあずきを、子どものようにかわいがる坂元さんがかわいかったです。

第4位

イベントいっぱい

今年は、たくさんのイベントがありました。新年早々の東京會舘に始まり、ミュージカルサロン、Sing!Sing!Sing!、CD発売記念イベント、FC限定LIVEイベントと内容も様々でした。
イベントでは、公演中の裏話、アクシデント、CD製作のお話、ちょっとしたこだわりなんかも聴くことができたり、素の坂元さんを見ることができるので、舞台とはまた違った楽しさがありますね。
中でも、レ・ミゼの公演中に坂元さんのマイクが壊れてしまい、なんとか乗り切ったことや、オリジナルミュージカルやアドリブへのこだわりがあるというお話が興味深かったです。

第5位

今年も元気いっぱい

4つでネタが無くなっただろというツッコミはナシでお願いします。
いつも坂元さんの舞台を観て思うのは、とても体調管理がしっかりしているということなんです。今までたくさん観て来ましたが、調子が悪いということがほとんどありません。舞台の日程が厳しい時でも、調子が落ちることがなく、むしろどんどん上がって行って絶好調なこともあるくらいですし。
たぶん、坂元さんが体調を崩したり、喉を痛めて休演したことって無いですよね?体調管理をしっかりしているのと、もともと喉が丈夫だということもありますけど、プロだなって思います。
健康で舞台に立ち続けるって、大事なことですよね。坂元さんが健康だからこそ、素晴らしい舞台を見せてもらい、元気や勇気をもらえるんですから。来年も健康に気をつけて、元気いっぱい頑張って欲しいです。

☆1年で思い出に残ったことや印象的な出来事
(順番はあまり関係ないです)

1.レ・ミゼ名古屋遠征

ちょうど1年前の、レ・ミゼ大阪公演日帰り強行軍の遠征に続いて、3月名古屋に1泊の日程で遠征しました。
1日目は、着いてすぐ、姉の希望で(義経ファン)マツケン主演の「弁慶」を観て、夜はレ・ミゼ観てマチソワしたのですが、これがまずかった・・・。
レ・ミゼを観ているのに頭の中は、マツケンサンバが流れ、集中力を欠きました。レ・ミゼとマツケン=水と油で、食べ合わせは最悪でした(笑)。順番が逆なら何も問題ないと思うのですが。
その夜は姉と、酒を飲みながら、私が一方的に坂元さんアンジョのマニアトークを繰り広げ、楽しい夜が更けて行きました。

翌日も、レ・ミゼを観たのですが、坂元さんアンジョがあまりに素晴らしくて呼吸をするのを忘れ、一瞬本当に気を失いかけました。坂元さんアンジョ危険です!一歩間違えたら、アンジョより先に天に召されるところでした。
観劇メインで、いっさい観光できなかったので、今度行く時は観光もしてみたいです。

2.OUR HOUSE新潟遠征

本当は東京公演の楽で終わりにするつもりだったんですが、大阪公演を観に行った友達から話を聞いていたら、最後にもう1回観たくなってしまって、再演があるかもわからないから、この大楽を見逃したら後悔すると思い急遽、公演5日前に遠征することを決めました。普段、のろまなくせに坂元さんのこととなると、行動力を発揮できるみたいです。

でも、行こうと決めるまで結構迷って、理由の1つが交通費でした。実は、行くことは親に内緒だったので、どうしても日帰りで行かなければならなかったんです。泊まりは、バレてしまうし宿泊費も出せないので無理。しかし日帰りだと、新幹線で往復することになるため、交通費がネックでした。何とか他の交通手段は無いかと探していたら、家の近所から新潟行きの高速バスが出ていたんです。片道5時間かかりますが、これなら料金も安く済むし、ギリギリ日帰りもできるので、行くことにしました。
運が良いことに、譲渡板で、良席のS席チケットを譲って戴けることになり、チケットも無事にGET。

当日は、朝7時半のバスに乗り、12時過ぎに新潟に着きました。ひとりでの遠征で心細かったけど、りゅ~とぴあには、坂元さんファンの友達もたくさん来ていてホッとしました。
公演は大楽ということもあり、アドリブが次々飛び出し、大爆笑でした。リーシーの成志さんが客席を見て「流木ばっか」と言っていたのがウケました(笑)坂元さんもとっても楽しそうに踊っていたのが印象的でした。でももうこれで、ジョー、エモ、ルイスの悪ガキ3人組は、観られないんだと思うとちょっと寂しい気がしましたが。
カテコでは、観客の半分かそれ以上が関東、関西、そのほかからの遠征組とわかり、成志さんの言うとおり本当に「流木ばっか」でした(笑)最期は舞台と客席みんなで「OUR HOUSE」を大合唱して終わりました。久しぶりに、めちゃくちゃ楽しいミュージカルでした!

3.祝!坂元さん観劇回数100回達成

AKUROの楽日(ソワレ)で、坂元さんの舞台を観た回数が100回になりました。坂元さん以外の舞台も含めるとどのくらい観ているんだろう?
別に狙っていたわけではないのですが、大好きなAKUROで、しかも今回観た中で最高の出来だと感じた大楽だったから、ちょっと嬉しかった、でもこれも通過点です。

4.原因不明の腹痛で、レ・ミゼを見逃す

4月のレ・ミゼ東京公演でのことでした。行く予定の日の2日前から、ひどい腹痛と嘔吐の繰り返しで、病院に行っても点滴だけで帰されて、全く良くならないので、別の病院に行ったら、5日間入院しました。入院までの2日間は、食べ物は受け付けないし、丸2日一睡もできなかったので、本当に辛かった。で入院した日がレ・ミゼを観に行く予定だったんですが、諦めました。姉は私が「観に行く」と言い出しかねないと思い「レ・ミゼ行かないよね?」と聞いてきたので、「今、行ったらたぶん死ぬ」と答えました。これが1回限りのイベントとかじゃなくて良かったです。レ・ミゼは治ってからでも観られますからね。

診断は急性胃腸炎とのことでしたが、ウイルス性ではなかったので、今流行りのノロとかではありませんでした。家族と同じ食事をしていて私だけがなったので、何か変なものを食べたとは考えにくいし、結局原因は不明でした。
坂元さんの舞台はレ・ミゼのこの1回だけでしたが、他にもLKとか、今年は、調子を崩して、観に行けなくなることが多かったので、つくづく健康の大切さを感じる1年でした。

☆2006年の坂元さんの舞台を振り返って

99回・・・この回数は、2006年に坂元さんが出演した舞台の回数なんです。ちなみに2005年は、138回でした。比べてみると、昨年はいつ休んでるの?ってくらい、舞台出演が多くて忙しく活動されてたんですね。嬉しいけど、いつ観劇資金が底をつくかヒヤヒヤでした。
今年は、新作は2本のみで、あとは地方公演やイベントが多い年でした。イベントって素顔が見られたり、いろいろなお話も聴けて楽しみなんですが、私すぐ体調崩すから、1日限りの公演って、行けるかどうか当日まで結構ハラハラしてしまいます。
2007年はどんな舞台を見せてくれるのか、わくわくします!

スポンサーサイト

tag : 坂元健児 レ・ミゼラブル

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。