スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 確かなこと

2014-02-15

ご無沙汰しています。
先週の2/3の月曜日、坂元さんファンの友人からの1通のメールに衝撃を受けました。

アトリエダンカンが破産申請。

出先だったから帰宅してからいろいろと状況を知るにつれて、あまり楽観視できる状況ではないんだとわかった。よくゲーム会社とかのケースでもあるんだけど、破産申請をしても会社としては存続していくこともあるから、そういう形なのかと思ったら、舞台の製作をしないのはもちろん、坂元さんを含めた所属タレントも事実上の解雇になるようで、やっとことの重大さに気づいた。

ダンカンが1/31を以って倒産したなんて信じられなかった。1月中旬に発表されたダンカン製作の舞台「ピンクスパイダー」が理由もはっきりしないまま突然の中止となり、内部の揉め事でもなさそうだし不思議だったんだけど、今思うと既にこの時にはもうどうにも行かなくなってたんだろうね。

ダンカンにはとても感謝している。坂元さんが四季を退団してから約11年間ずっとお世話になった事務所だし、坂元さんの為に「空中ブランコ」、「トリツカレ男」、「冒険者たち」等々いくつも舞台を作ってくれた。東宝やホリプロなどの大手と言われる事務所と比べると大きくない事務所だけど、ズガチラプロデュースのお芝居など、割と自由にやりたい仕事をやらせてくれたことも感謝している(私がそう感じただけで実際はどうかわからないけど)。

それにダンカンには所属タレントも若手からベテランまで実力派が多く、小粒だけど良質な舞台を作ってきた印象がある。所属者も含めテレビには出ない為一般的にはあまり知られていないけれど、ずっと舞台でコツコツと頑張ってきた実力のある舞台俳優を積極的に起用して光を当ててくれた会社だった。

でもそのことが倒産の一因であるとある記事で読んだ。
映画も舞台も製作する大手の製作会社は、テレビで人気のタレントを大勢舞台に起用して利益を出すことが出来るが、ダンカンのようにテレビでは無名の舞台役者を中心に所属させている会社は、テレビドラマ等で人気が出てCM契約などで利益を得るということが出来ない為、不況の中舞台の製作だけでは成り立たなかったらしい。実際のところは倒産の理由はそれだけではないかも知れないし本当のところはわからない。でも実力のある舞台役者に輝く場を与え続けて来た事が倒産の一因になってしまったのならこんな悲しいことはないよね。

坂元さんが今後どうなるのか心配なのはもちろんだけど、大好きな「空中ブランコ」や「トリツカレ男」や「冒険者たち」がもう観られないことも悲しくてたまらない。再演の可能性が低くても事務所がある限り希望が持てた。
それにずっと同じ事務所の仲間同士、お互いを支え認めてきた役者さんやスタッフさんたちがバラバラになってしまうことも寂しい。特にこの事務所は先輩の紹介や勧めで所属してた人が多いから絆は相当強い筈。でも役者さんたちは俳優を続けている限り絶対またどこかで会えるよね。


突然の発表から数日後、坂元さんのブログが更新され、突然のことで戸惑っていること、約11年間お世話になった事務所への感謝の言葉、今日から始まった福井さんとのジョイントライブは無事に開催できることなどが綴られていました。

こんな大変な時なのにブログを書いてくれるだけでも有難いのに、心配をかけてしまって申し訳ないと謝ってくれて胸が締め付けられる思いで泣きそうだった。もちろん所属先が決まっていないこととか心配はあったけど、とりあえずは少し安心した。

そしてさらに数日経った頃、FC会員宛てに坂元さんから1通のハガキが届きました。そこには1月末に突然社長から倒産することを聞かされた時の驚きや戸惑いの気持ちや、今はその危機を原点に帰ってもう一度歩みだすためのチャンスもらったと思っているという前向きな言葉、そして自分には歌やお芝居に対してビジョンがあり、どんな場所にいてもそれは決して揺るがないのだと力強い想いが書かれていました。

嬉しかった、坂元さんの今の飾らないありのままの言葉に、読んでいるうちに涙が込み上げて来てしまった。本人が一番辛いはずなのに心配をかけまいと、ちゃんと前を向いて歩き始めていて、ファンが落ち込んでいたらダメだと思った。
文末には『だまって俺について来い!』と言えればカッコいいのですが、そんな大それたことは言えませんので「皆様、どうか僕を宜しくお願いします」といわせてください。とあり、どこまでも着いて行くよって決心した。

不安がないわけじゃないし、これからも応援していく中で予想外なことやショックな出来事もあるかもしれない。でも一つだけ確かなことがある。何があっても坂元さんが役者を辞めない限り、どこまでもこの人に着いて行く!それだけははっきりと100%の自信を持って言える。

今回のことでその思いを新たにしたし、改めて坂元さんの真面目で優しく誠実な人柄に触れて今までよりもっと大好きになりました。「ピンチはチャンス」この言葉を胸に今は静かに成り行きを見守って行こうと思います。

スポンサーサイト

tag : 坂元健児

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。