スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「ドクターX」第6話感想(追記あり)

2016-11-29

11月17日放送の「ドクターX外科医・大門未知子」パート4 第6話に我らが坂元健児さんがゲスト出演されました。
「ドクターX」は結構好きで毎週見てるし、それにここ数年は坂元さんがドラマに出てもセリフも出番もちょっとだけだったり、地方のみの放送だったりしたので、こんな高視聴率で全国放送のドラマに出ることが嬉しくて1週間前から指折り数えて凄く楽しみにしていました。

ただ一つ、気になることがありました。あらすじに書いてあった役名が

ロック・シュリンプ教授   Σ(゚□゚(゚□゚*)

ん?ん?えっと~一体、何者ですか!? それにシュリンプって海老!?

まさか外国人の振りした日本人とかコメディ要員じゃないだろうな・・・と楽しみな反面、一抹の不安がありました。

では物語のあらすじを振り返りつつ、坂元さん中心の感想です。
※無駄に長いので、ドラマをご覧になった方は青字部分のあらすじは適当にぶっ飛ばしてください。
ドクターX外科医・大門未知子パート4 第6話(OPE.06)
「御意男のクーデター!!メスなき心臓手術!?」


※あらすじの一部を公式サイトから引用しています。

「東帝大学病院」では、病院長・蛭間重勝(西田敏行)による過酷な論文執筆強要を受け、内科医・赤井富夫(長谷川朝晴)がアメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)の論文を盗用。世間を騒がせる問題にまで発展してしまった…。副院長の久保東子(泉ピン子)はその隙に、将来を見越して蛭間から鞍替えしてきた医師たちを統率。蛭間に辞表を提出するよう迫る。

というのが前回までの話で以下が今回の話。

ブティックで2着の洋服の前で悩んでいる未知子(米倉涼子)。同じ店には外国人男性が「オールOK!」と値段も見ずに愛人らしき女性にたくさんの服を買い与えていた。そこへ両手いっぱい荷物や買い物袋を持ったまま派手に転ぶ男性。「すぐに拾いたまえ!」と怒鳴る外国人男性に「イエッサー!(御意)」と慌てて立ち上がる男性を見て、「ここにもいた、御意」と呆れ気味の未知子。
欲しい服を一旦諦めて帰った未知子は、晶さん(岸部一徳)にお金貸してとねだるも「蛭間院長が失脚したら真っ先にクビになるんだから、そんなクビ寸前のフリーターにはお金は貸せない」と一蹴されてしまう。


始まってから坂元さんがいつ出てくるのかとドキドキしていたらいきなり派手にすっ転んでご登場(笑)。しかもなにやら英語を喋ってるし、この時点でやっぱりコメディ要員なのかと不安が・・。それにしても「イエッサー!」( ̄^ ̄)ゞの発音が良いことw

マスコミを集め会見を開く蛭間。しぶとい蛭間もさすがに観念して辞職を発表する日が来たか…と、会見場へ詰めかける医師たち。ところが、蛭間は裏でどんな策を練ったのか、なんと会見には来日中のボストンハーバード医科大学のスターキー教授と、金沢から駆けつけた蛭間の腹心・海老名敬(遠藤憲一)も登壇。ブティックで見かけた「オールOK!」と海老名の登場に驚く未知子。
盗用疑惑を懸けられた「東帝大」の論文は海老名と、スターキーの監修の下スターキーの部下ロック・シュリンプ教授(坂元健児)が共同執筆したもので、盗用ではないと主張したのだ!

 さらに、海老名はスターキーと連名で、「開心術を用いない心房内進展巨大肝細胞癌切除」という世界初の術式、名づけて「東帝大学術式2016秋スペシャル」を開発したと発表する。なんでも、人工心肺も使わなければ、心臓にメスも入れず、心臓内まで伸びた肝臓腫瘍を切除するというのだ。そんな難しいオペがどうやったらできるのか…と、未知子は強い関心を示す。


会見のシーンで「イエース!」しか喋らないから、まさか英語しか喋れないキャラじゃないだろうなと心配で(笑)。というか東帝大学術式2016秋スペシャルってどんな論文だよ!(笑)

窮地を切り抜け、院長室でスターキーに札束の入ったおまんじゅうを差し出す蛭間。金の力で論文を共同執筆ということにしていた。「偶然、海老名くんの行った学会にスターキー教授もいたなんてツイている。よくやった」と海老名を褒める。
一方、名医紹介所では未知子たちと晶が、海老名たちが発表した新術式の話題で盛り上がっていた。人工心肺も使わず、心臓にメスも入れないなんて、そんな難しいオペが出来るのかという未知子に晶は「金と権力が大好きなアメリカ版蛭間と言われているスターキーがオペが上手い筈が無い」と断言する。


札束入りのおまんじゅうを差し出されたシーンでシュリンプ先生は結構驚いているので、蛭間たちとスターキーの間だけで交わされた約束で、実はシュリンプ先生はお金で論文を売ったことを知らなかったんじゃないかな・・と思ったけどどっちにしてもスターキーのやることには一切口を出せないし従うしか無いんだろうね。

院長室では「発表した新術式のオペは無理」という海老名に「オペが出来るかは関係ない。重要なのは東帝大が不可能と思えるオペに果敢にチャレンジする姿勢を世間に見せること。そもそもこんな術式を必要とする患者はいない、存在しない患者にオペは出来ないのだから大丈夫」と蛭間が言い聞かせていた。
そこへ西園寺外科部長(吉田鋼太郎)と、黄川田内科部長(生瀬勝久)が謝罪にやってくる。一度は久保副院長側に付いた二人だが久保副院長のクーデターが失敗したとなると、あっさりと態度を変え蛭間側に寝返っていた。

その頃、病院のロビーでは、帰国するスターキーとシュリンプを海老名が見送っていた。それを偶然見かけもう帰るのかと未知子がシュリンプに声をかけるが、何やら様子がおかしくその場にひざまづいてしまう。急いで立ち上がれと怒鳴るスターキーをなだめ、荷物を拾ってシュリンプに手渡す海老名。シュリンプは礼を言い立ち上がるが、次の瞬間未知子たちの目の前で倒れてしまう。慌てる海老名をよそに、触診をし異変を感じた未知子は緊急の検査を指示する。


早々にシュリンプ先生が倒れちゃったから、ここでオペになったら殆ど英語のセリフしか喋ってないじゃん!もっと日本語のセリフも話してよ~と焦りました。でもこの回のメインの患者になるだろうというのは予想していました。
というのもドクターXって、毎回患者となる人物にその回の話数の数字が入っているんですね。例えば今期の1話は一木、2話は二岡、3話は三佐江という風になっているので、今回の6話で数字が入っているのはロック=6のシュリンプ先生しかいないので恐らく彼が患者になるんだろうと思ってました。

検査の結果、シュリンプは肝臓に出来た腫瘍が心房内にまで達している「心房内進展巨大肝細胞癌」に侵されていることが判明する。それは海老名とスターキーが書いた新しい論文の術式にぴったりな症例だったが、病気のことを聞いたスターキーは「なんてザマだ」と捨てゼリフを吐くと、シュリンプに残って治療しろと言いアメリカへ帰国してしまう。

「迷惑をかけて申し訳ありません」と謝るシュリンプに、今はどの治療法が良いか考えて行こうと言う海老名だったがオペはしないと言う。オペしないの!?と驚く未知子に「こんな難しいオペを出来る奴なんかいない」と言う。
呆れる未知子はシュリンプに「この論文、実はあなたが書いたんでしょ?自分がこの病気だと知ってて論文に命を救って欲しいと希望を託したんじゃないの?だったら私に切らせて」と申し出る。
そこへ西園寺部長と黄川田部長が医局の医師たちを連れてやってくる。蛭間の命令に逆らえない医師たちは、オペをすると言う未知子にオペは絶対にさせないと無理やり病室の外へ連れ出す。「このままだとあの患者は死ぬ。お前らそれでも医者か!」と患者の命よりも上司の顔色ばかり伺う医師たちに言い放つ。
西園寺と黄川田は、シュリンプには治療せずアメリカに帰るように、海老名にも東帝大に居場所はないから金沢に帰るようにと言い残し病室を去って行った。

二人きりになりシュリンプは「私の癌はオペ以外に治す方法はありません。しかも腎機能障害があり人工心肺の使用はリスクが高すぎる。だから私には心臓にメスを入れない術式が必要だった。論文を見た誰かがチャレンジしてくれるんじゃないかという淡い思いがどこかにあったんです。」と告白する。
唯一の希望が断たれ帰ろうとするシュリンプを「同じ医者として、こんな状態であなたを帰す訳には行きません。」と引き留める海老名。そんな海老名に「あなたにオペは出来ない。私はスターキー教授に歯向かえません、何があっても。私のような人間が教授になれたのもスターキー教授の後ろ盾があってです。靴を舐めろと言われれば舐めました。そうやってへつらい、へつらい倒して今の地位を築いたんです。あなたも同じです、蛭間院長の命令には逆らえない。私にはわかります・・。」と微笑むシュリンプ。上司に歯向かえない者同士お互いの気持ちを共有する二人だった。


この一連のシーンは、泣かされました。一縷の望みを託して論文を書いたのに、ずっと着いて来た教授に見捨てられ、しかも未知子以外、誰も自分のオペをしようとはしてくれないなんてシュリンプ先生がかわいそうで仕方なかった。唯一の希望がなくなってショックな筈なのに笑顔をうかべてるところが余計に切なくてうるうるしちゃいました。海老名先生に向けた笑顔が爽やか過ぎてきゅんきゅんして思わず「こっちが倒れるわ!」と思ったのも事実ですけど(笑)。本当このシーンとても良かったな。

見る前はドラマのメインゲストなんて初めてだから演技とか大丈夫かなって思ってたんです。坂元さんってやっぱり舞台俳優だから、舞台の演技に慣れていると、テレビでは演技が浮いて見えたりすることがあるからそれが心配だったです。ただ坂元さんって舞台でもいつもそんなに舞台がかった演技でもないし、割と自然なお芝居をするから演技自体はそこまで心配してなかったんですけど、舞台って動きが大きいからそういうところで悪目立ちしないか気がかりな部分はあったんです。

でも実際見てみたら、舞台がかってもないし、かと言って抑え過ぎてもいないし凄く自然な演技をしていて違和感無かったですね。それどころかシュリンプ先生の背負ってきたものの大きさや苦労、置かれている立場や悲しみや苦しみがちゃんと伝わって来て胸が痛くなりました。その健気な姿に助かって欲しいと本気で思うくらい、シュリンプ先生に感情移入してしまいました。舞台できちんと演技が出来る人は、場所が違ってもちゃんとその場に適した演技が出来るんだなと、やっぱり改めて演技の上手さを実感しましたね。

病院の帰り道、シュリンプの言葉を思い出していた海老名はある決心をすると、未知子に卓球の勝負を申し込む。自分が勝ったらシュリンプ先生のオペをお前にやらせてやると意気込むがあっさり負けてしまう。「勝っても負けてもオペは私がやる」という未知子に「俺が執刀医をやるからお前は助手になれ」と言う。
「オペは出来ないって言ってたのに」と問われると「たとえ蛭間院長に盾突くことになっても、私も医者だ、救える命は救いたい!」とシュリンプを助ける為に蛭間にクーデターを起こす決心をする。

翌日、蛭間にシュリンプのオペをすることを宣言する。「私との命令を無視してオペして失敗したらどうするのか?」と問われ、「絶対にどんな手を使ってもオペは成功させる。もし失敗した時はあなたを巻き込んで全てをぶちまけるつもりだ。ただし成功したらこの東帝大に然るべきポストを用意して欲しい。そして今後自分のやることに一切口出ししないでくれ」と誓約書を書かせる。


今まではヘタレだったけど、この行動にはちょっと海老名先生を見直しちゃったよね。まさかシュリンプ先生を救うために自分の人生をなげうつ覚悟で蛭間相手にクーデター起こすなんてね、びっくりした!彼にもまだ医者の心ってやつがあったんだね。

明日に迫ったシュリンプのオペだが、論文には肝心の手法は書いておらず、どうしたものかと悩む未知子。知恵の輪を解きながら何かに閃くが・・・。
翌日のオペには加地(勝村政信)と原(鈴木浩介)も助手に加わっていた。そしていよいよシュリンプの心房内進展巨大肝細胞癌切除が始まる。
海老名はオペの開始を宣言すると、何一つ自分では行わず未知子に交代させる。手際良くオペを進めていくが、ある程度進んだところで手を止めてしまう。「論文通りだと、このままやったら失敗する」と何かを考え込む未知子に、「お前、失敗しないので!」とオペを続けるように叱咤する海老名。
時間がなく仕方なく開心術に変更しようとした時、論文はどうするのかを問われ、「そんなのどうでもいい、彼をオペ室で死なせる訳にはいかない」とオペを続行しようとする。見学していた西園寺と黄川田はどっちにしても失敗じゃないかとざわつく。

開心術に変更し準備しようとするとシュリンプには腎機能障害があって人工心肺の使用は危険と止められてしまう。「そんなことはわかってるが他に腫瘍を切る方法がないだろ!」と言う海老名に未知子は切らずに取り出す方法を提案する。そしてインオペしろというギャラリーに向かって「私、失敗しないので」と言い放つ。
海老名たちの、心臓を切らずに腫瘍を取り出すなんてどうするのか?という疑問に、肝右葉から連続した心房内の腫瘍栓を一塊として引き抜くと言うのだ。未知子の主導で海老名、加治、原で一気に進めて行き、巨大な腫瘍を摘出してオペは無事に終わった。拳を上げて喜びシュリンプにオペの成功を報告する海老名だった。

実際に腫瘍を引き抜く術式なんてあるのかと思ったんだけど、ドクターXはフィクションですがドラマ内で取り扱う症例って医療監修も入ってるし実際の症例のようですね。
それにしてもこんな方法を思いついちゃうなんて未知子は凄いね~!それに引きかえ海老名先生何もして無いじゃん(笑)それでも途中で開心術に変更してオペ続行しようとしたり、医者として患者思いのところはあるんだけどね・・・技術がね・・。海老名先生、嬉しさのあまりシュリンプ先生に報告してたけど、シュリンプ先生、全麻かけられておネンネしてるからわからないよ。どうしても報告したかったのねw

早速、蛭間にオペの成功を報告しに行くが、そこに未知子が表れ実際に執刀したのは未知子ということがわかり、蛭間は海老名に「オペしてないなら話が違う。」と誓約書は無効として西園寺と黄川田に食べさせてしまう。そして「東帝大はもちろん系列病院にも座る椅子はない」と言い渡す。
そこへ晶が来て「今回の世界初症例の論文を未知子の名前で発表する訳にもいかないし、かといって無駄にするのももったいない。黙っているから誰の名前で発表してもいい」と口止め料を要求する。


このシーンはネタ満載でしたね。誓約書を破って食べさせるところで未知子の「マジか・・ヤギか・・」に大笑い(笑)。それと晶さんがペンとメロンを差し出したところでやるなと思ったけど、PPAPネタをぶっこんで来るし、このシーン何年かあとに見たら元ネタ何だっけってなりそう。

海老名は帰る前にシュリンプの病室に立ち寄る。麻酔から覚め意識を回復し「私は生還したんですね・・・あなたに託して良かった・・」と涙ながらに感謝するシュリンプ。
「オペをしたのは私じゃありません。大門です。」
さらに「お礼を言わなきゃならないのは私の方かも知れません。あなたのお陰で天下取りの夢を見れた。」
シュリンプ「天下?蛭間院長にクーデターを?」
海老名「わくわくしました。医者になって初めて。」
シュリンプ「羨ましいなぁ~。」
名前も性格も似た者同士心が通い合った二人だった。

金沢へ帰る海老名はロビーで未知子に出会う。「お前、俺が絶対に負けられない戦いに負けたと思ってるだろ。医者の勝ち負けなんかどうでもいい。患者が勝たなきゃ意味が無い」と昔未知子に言われた言葉を噛み締める。
「気が向いたら金沢へ来い。飯でも奢るよ。」と去って行く海老名の顔はどこか晴れ晴れとしていた。


未知子のお陰で命を救われたけど、海老名先生も何もしなかった訳じゃないと思うんです。クビになる可能性があった未知子はオペがしたくても勝手には出来なかったし、海老名先生が自分の人生をなげうつ覚悟で蛭間にクーデターを起こしたから未知子に執刀させることが出来てオペを成功させられたんですよね。海老名先生の行動がなければオペは実現しなかったかも知れないと考えると今回の功績は大きいですね。きっと真相を知ってもシュリンプ先生の「あなたに託して良かった」という気持ちは変わらないんじゃないかな。
結局、クーデターは失敗に終わったけど、医者の心を取り戻し一人の患者の命を救った海老名先生のすっきりとした表情が印象的でした。
今回のお話も海老名先生とシュリンプ先生の友情が感じられておもしろかったです。この二人の友情が良かったから、いつか二人のその後を描いたスピンオフが見てみたくなりました。例えばシュリンプ先生がスターキー教授にクーデターを起こすとか(笑)。
全然関係ないけど、「あなたのお陰で天下取りの夢を見れた。」の後の「天下?」の言い方が凄くツボでした(萌´д`)モエェ↑
坂元さんの久々の全国放送ドラマ出演、とても楽しめました。これを機会に定期的にドラマに出てくれたら嬉しいです。

あらすじと言いながら、坂元さんの出演シーンを書き起こしただけの長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。