スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ハピバ

2016-12-22

20161222_164247のコピー

今日は坂元健児さんの45歳のお誕生日です。おめでとうございます!ささやかですがお祝いしました。

今年は「DNA-SHARAKU」で始まり、この他「ドラマティック古事記-恋する神々の物語-」、「1789-バスティーユの恋人たち-」、「TARO URASHIMA」、「ドラマティック古事記-神々の愛の物語-」、「スウィート・チャリティ」の舞台に出演されました。またコンサート活動も多い1年で「ソロライブ」、「FCリクエストライブ」、「イチラス!」、「シューズオン」ゲスト出演、「I LOVE MUSICAL」と舞台にコンサートに今年も歌いまくりの1年でしたね。

☆DNA-SHARAKU(水枝リドル総裁)

主人公たちの敵役の水枝総裁を演じてましたけど、ここ数年は根っからの悪役もやるし、この役のように悪役に見えて実は良い人という役が多くなりましたよね。昔はこれでもかってくらい良い人の役が多くて、年々役の幅が広がっていますね。でも根っからの悪役はあまりなくて、実は良い人なところがやっぱり坂元さんらしいですよね。

☆ドラマティック古事記-神々の愛の物語-(ヤマサチヒコ)

宮崎に遠征して観て来ました。行きは天気が悪く飛行機が大揺れで、宮崎空港に着陸出来ない時は福岡空港に降りるかもと言われ焦りました。まあ何とか宮崎空港に着陸出来たので良しとしますが、あの揺れはもう勘弁してほしいです。生きた心地がしなかったです。

それでもそんな思いをしてまで行った甲斐はありましたけどね。だって坂元さんが演じたヤマサチヒコがアホかわいくって仕方なかったんですから。自分のわがままで兄のウミサチヒコと一日だけ職業を変えてもらい大事な釣り針を借りたのに、うっかり失くしてめちゃくちゃ怒られたら逆ギレして兄弟げんかに発展、その上、兄に呪いをかけるという、

本当、末っ子ってわがままで要領が良いわよねぇ
と思わず言いたくなるような子だったのですが、それも許してあげたくなるくらいかわいかったです。因みに上記のこのセリフは末っ子の私がこれまで何万回も言われた言葉だったりします。私の場合はかわいくはないので、ただ小憎たらしいだけですけどね。

でもこんなわがままなヤマサチヒコも成長して父親になるんです。ラストは息子を抱きしめるシーンで終わるのですが、坂元さんが号泣しながらぎゅっと強く息子を抱きしめていて胸に来るものがありました。とても演技とは思えないリアルさがあり、故郷宮崎での公演ということもあっていろいろ思うところがあったのかも知れないですね。

☆1789-バスティーユの恋人たち-(オーギュスト・ラマール)

主人公たちに敵対する役でしたが、全然悪役感はなくお客さんみんなに好かれてましたね。初登場シーンのテントウムシちゃんのコスがかわい過ぎました。

☆TARO URASHIMA(竜王/最年少アイドルさかもとくん)

威厳があってでもちょっとかわいいところもある竜王様もとっても良かったんだけど、それよりも2部のショーで演じたアイドルグループ「見たい、聞きたい歌いたい」のアイドルさかもとくんに心奪われてしまいました(笑)15歳から始まり公演を重ねる毎に若返って(若返りサプリメント竜玉のおかげ?)、最終的に12歳?まで若返ったのかな?私が観た時は14歳でしたが、昔ライオンキングっていうショーパブで踊ってたとか、もう大爆笑でしたww早くDVD出ないかな。わくわく。

☆ドラマティック古事記-神々の愛の物語(スサノオ)

この子もちょっと末っ子気質というか、さんざん周りに迷惑かけた挙句お姉さんは岩戸にひきこもっちゃうし、まあバカな子ほどかわいいと言いますしね。

☆スウィート・チャリティ(ヘルマン)

この役だけはなぜ坂元さんに声が掛かったのかと未だにちょっと疑問が残るんですよね。いつも実年齢より下の役を演じることが多い坂元さんですが、この役は白髪交じりの初老男性で若く見ても50代以上だし、岡さんの役の方が若かったし、謎が多い配役でした。それでも最後は見せ場があって、歌いながら側転するしアクロバットもするし、なんだかんだ言っても結局持っていっちゃいましたね。

この他は映像に縁のある年でした。1月はドラマ「新・牡丹と薔薇」に出演しました。恐らくレギュラーで出演していた同じ事務所の先輩・岡田浩暉さんのバーターで出してもらったのだと思いますが、坂元さんの役は、岡田さん演じる崑一が亡くなり、駆け付けて来た病院で鉢合わせた本妻と愛人に死因を問われ、「腹○死ですかねぇ」と俗っぽい死因を告げる医師という役で大いに笑わせて頂きました。
でもこの「腹○死」がtwitter上でまさかのトレンド入りを果たすという結果になり、しかも翌日の「新・牡丹と薔薇」の公式サイトで視聴者が選ぶボタバラ名セリフに選ばれるという快挙でもう笑いが止まりませんでした(笑)。

10月には九州のみの放送の「橋本勘五郎-明日に掛ける橋-」に勘五郎の弟子の石本文八役で出演しました。流暢な熊本弁も見所でしたが、文八の、曲がったことは許せない一本筋の通った熱い役どころも坂元さんにぴったりでした。

そして11月はまさかの超高視聴率ドラマ「ドクターX-外科医・大門未知子-」にゲスト出演ということで、びっくりしたし、あんなにがっつり見られたのも嬉しかったし、久しぶりに舞台のこと以外でテンションが上がりました。1話限りのゲストの割には患者役で目立ってたし、ちょっとホロリとさせるシーンもあってなかなか良い役でしたよね。通常のバージョン以外に坂元さんの出演シーンだけを編集した健児ダイジェストを作り、シュリンプ先生のセリフを全部覚えるほど繰り返し見てしまいました。

そして映像週間の締めは「わがまま!気まま!旅気分」という旅番組で故郷・宮崎を案内するというものでした。素の坂元さんが案内する旅番組なんてそれだけでテンション上がりますが、まさかの温泉入浴シーンがあり家宝になりました!入浴シーンではタオルの中に下着を履くというガードの固さに(きっと下着のみは事務所NG・(笑))、思わず「アイドルかよ!」とツッコミを入れつつも、しっかりとマッチョな肉体を堪能させて頂きました。

生の舞台で観る坂元さんも、映像で繰り返し見る坂元さんもそれぞれの良さがあるなと感じた1年でした。来年はどんな活躍をしてくれるのか楽しみですね。
スポンサーサイト

tag : 坂元健児

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。