スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2016年ランキング

2017-01-12

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
まずは昨年を振り返り、2016年に観た舞台のランキングです。

2016年観劇記録

1月
「DNA-SHARAKU」(NHKエンタープライズ・新国立劇場)

2月
「Super神話Musical ドラマティック古事記Ⅲ-恋する神々の物語-」(宮崎公演・メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場))2回

4月
「1789-バスティーユの恋人たち-」(東宝・帝国劇場)

5月
「アラジン」(1周年記念公演 劇団四季・電通四季劇場・海)

6月
「坂元健児LIVE2016-To→You-」(ズガチラプロデュース・ヤマハエレクトーンシティ渋谷メインホール)

7月
「ディズニー・オン・アイス アナと雪の女王」(代々木第一体育館)

8月
「TARO URASHIMA」(る・ひまわり 明治座)

9月
「Super神話音楽劇 ドラマティック古事記-神々の愛の物語-」(新国立劇場オペラパレス)
「Zugachira Club…リクエストライブ-ザ☆ベスト10-」(ズガチラプロデュース・山王オーディアム)2回
「スウィートチャリティ」(ネルケプランニング・天王洲銀河劇場)

10月
「ミュージカルライブ イチラス!」(ヤマハエレクトーンシティ渋谷メインホール)
「shoes on!2016」(博品館劇場)
「ミス・サイゴン」(東宝・帝国劇場)2回

11月
「ミス・サイゴン」(東宝・帝国劇場)1回

12月
「ブロードウェイミュージカル スペリングビー」(ミュージカル座・六行会ホール)
「ノートルダムの鐘」(劇団四季・四季劇場「秋」)
「I LOVE MUSICAL」(BS日テレ・東京グローブ座)

それでは昨年に観たものの中からコンサートやショーを除いたものを選んでランキングにと思いましたが、下手なミュージカルより
坂元さんのライブやイチラスやshoes onやI LOVE MUSICALの方が面白楽しかったんですよね。ただそれをミュージカルや演劇の舞台と同様に評価するのもジャンルが違う気がするので、いつも通りショーやコンサートは除きます。ただしディズニーオンアイスはショーでもミュージカル要素が強いのでステージに含めました。

昨年に観たステージは11本しかなかったので今回だけベスト11にしました。
それではランキングです。

11位
「スウィート・チャリティ」 ★☆☆☆☆

坂元さんがヘルマン役で出ていたから観たけどあまり好みではなかったかな。出番も1幕はちょこっと出て来ては一言だけ言って去って行くし、2幕も最後にちょっと見せ場があるだけで殆ど出てこないし、何とか周りのキャストの熱演のお陰で出番が少なくても最後まで観られたけどあまり印象に残らない舞台だった。

坂元さんの役も初老で店の女の子たちに厳しいキャラで坂元さんぽくなくて、わざわざ坂元さんにやらせなくてもという気がしたし、未だになんでキャスティングされたのかわからない。
最後の見せ場では、女の子思いのところも見せて、アクロバットや綺麗な側転も披露していたけど、ここが坂元さんっぽいと言えばそうだったのかな?本当、ここがなかったら何の印象もなく終わってた。話も古いミュージカルで、映画スターとのやりとりが長いし、全体的にもメリハリにかけたかな。

良かったところは、キャストの熱演。特に主演の知英さんの日本語が凄く上手になっていてびっくりした!努力したのがわかったし、初主演ミュージカルにかける意気込みが伝わってきた。

10位
「TARO URASHIMA」★★☆☆☆

これも坂元さんが出演していたので、観に行きました。明治座は何度か来た事があるけど、途中にお弁当休憩が2回も入るから上演時間が休憩込みの4時間で長かった!
内容はコメディで楽しかったんだけど、登場人物がとにかく多く、その全員に見せ場があったからいらないシーンも多くて途中で飽きたところもあった。もう少し全体をコンパクトにまとめたら星3つにしても良かったな。

それと坂元さんや原田くん、和泉元彌さん、舘形さんなどは歌や演技が別格で、若手の一部のキャストも一定レベルはあって観られるレベルだったけど、それ以外のキャストのレベルが低くて何人かは特に歌が破壊的で舞台に上げられるレベルじゃない人もいたのも確か。シーンによっては学芸会レベルで観ていてキツかった。

坂元さんが演じた竜王はちょっと気弱でおちゃめな引き篭もりなところが合ってたしかわいかった。2幕のアイドルも本当におもしろかった!公演を重ねる度に若返っていく最年少アイドルさかもとくん(笑)最年少でまだ10代なのに昔ショーパブで踊ってた過去を持ってて、みんなでダンスしてても途中で息が切れちゃうし、最後は必ず衣装のサスペンダーが外れてパンチラしちゃうのがお約束(笑)本当涙が出るほど可笑しかった!

9位
「Super神話音楽劇ドラマティック古事記-神々の愛の物語-」★★☆☆☆

宮崎県出身のバレエダンサーの西島数博さんがメインでやってる宮崎に伝わる古事記の神話を舞台化したシリーズの第1弾の再演で、2月にもこの舞台の第3弾を宮崎に観に行きました。こちらは1度きりの東京公演。

1幕はバレエのみの構成で素晴らしいんだけどバレエ公演を見慣れていないのでちょっと眠くなっちゃった。いやでも日本のトップバレエダンサーの西島さんのバレエは本当に優雅で華麗で重力を感じない踊りで素晴らしかった!

2幕は音楽劇でミュージカルとオペラとバレエが融合していて見応えがあった。まあもう少しミュージカル寄りの方がオペラやバレエを見慣れてない人でも観やすかった気はするけど、神様の難しい神話をわかりやすく描いていてなかなか良かった。
坂元さんが演じたスサノオはやんちゃでわがままで子どもっぽくってとても人間くさい神様のところが似合ってました。

そうそう坂元さんがFCイベントで話してたけど、この公演はオペラ公演に近いから、普段のミュージカルのリハーサルとは違ってあんまりオケとも稽古出来なかったらしく、1回きりの本番は上手くいくか凄くハラハラしたみたいですね。でもミスなくちゃんと演じていてプロの凄さを改めて感じました。

8位
「ディズニー・オン・アイス アナと雪の女王」★★★☆☆

初めて観たディズニー・オン・アイスはいろんな意味でびっくりした!まず会場前に着くとグッズを売ってて、この手のイベントで良く見る光景だけど、固定のグッズ売り場以外に、エルサやオラフのキャラクターが付いてるカキ氷やポップコーンやジュースなどを売り歩く人たちがそこら中にうじゃうじゃいてなかなか会場に辿り着けない!親子連れはやっぱりそのトラップに引っかかるんだけど、、私たちは子ども向けのグッズにはあまり興味がないから早く会場に入りたいのに、売り子さんたちの合間を抜けていくのは凄く大変でした・・。そこを抜けても中に入ってからもグッズ売り場がたくさんあって、結局Tシャツ買ってしまいました・・・。

いよいよ本編。びっくりしたのはオン・アイスはスマホなどで写真や動画を撮り放題なんです!撮影、録音禁止が当たり前だと思ってたからびっくり。
ストーリーは基本、映画の通りなんだけど、映画の通りやるとエルサがお城を建てる見せ場が1幕の前半に来ちゃうから、どうするのかと観ていたら、シーンの順番を入れ替えて上手く1幕の最後に見せ場を持って行って凄く盛り上がって終わってました。このシーン観る前は、かんたんな仕掛けとかであまり迫力ないんだろうなと想像してたけど、光や音や花火などを使って上手く表現していてなかなか感動的でした。私の大好きなオラフはもちろんかわいいし、忙しい合間に行ったけど観て良かったな。終演後、会場を出たら、先ほどの売り子さんたちが今度はおもちゃを売ってました。さすがディズニー、商魂たくましい(笑)

7位
「1789-バスティーユの恋人たち-」★★★☆☆

話も良く出来ていたし、音楽もキャッチーなメロディが多く耳に残る楽曲もあっておもしろかった。でもなんか物足りない・・悪くないんだけど1回観れば十分かな。
坂元さんが演じた秘密警察のラマールは初登場のシーンからてんとうむしのコスプレで出てくるし、次々に笑いを取って行くし、美声を聴かせるしさすがの存在感で持ってってましたね~。カテコの坂元さんへの拍手が他の人よりとっても多かったのがそれを物語ってました。

6位
「DNA-SHARAKU」★★★☆☆

おもしろかった!わくわくした!楽しかった!



途中まではね

かんたんに言うと、未来の世界で戦争が起こらないようにするために、原因である創造する心=DNA-SHARAKUを持つ歴史上のアーティストたちを、抹殺しようとする未来政府と主人公たちが戦うという話なんだけど、人工知能のサイを説得する手段がダンスってちょっと無理やりじゃない?
朝海さん演じる花魁がコンテンポラリーダンス踊り始めるし、なんかみんな変な格好で踊ってるし、なんだか悪い夢見てるみたいだった本当このシーン、坂元さん出てなくて良かった!

本当、途中までおもしろかったのに、どうしていきなりあんな展開にしたのか・・・?みんなでダンスした勢いでラストまで持っていって、サイを改心させてめでたしめでたし、よし荷物まとめてずらかるぞ!って、

えーーーーー(゚д゚;)(サカケン風)

それで良いのかよ!やっぱりちょっとそこはまとめ方に無理があったかな。ラストにかけてがもっと丁寧に描かれていたら星4つはつけても良かったんだけどね。坂元さんが演じた水枝リドル総裁は、悪役に見えて実は国のことを考えていて、DNA-SHARAKUを守っていたというキャラクターで良かっただけに、そこのストーリーだけが惜しい気がしました。

5位
「Super神話Musical ドラマティック古事記Ⅲ-恋する神々の物語-」★★★★☆

宮崎に伝わる古事記の神話を舞台化したシリーズの第三弾。宮崎まで観に行って来ました。
ストーリーをかんたんに書くと、坂元さん演じる神様、ヤマサチヒコは自分のわがままで兄のウミサチヒコと一日だけ職業を変えてもらい命より大事にしている釣り針を借りたのに、うっかり失くしてしまい、ものすごく怒られるんだけど、反省するどころか逆ギレして兄弟げんかに発展する

ヤマサチヒコがわんわん泣いていると、濱田ここねちゃん演じる潮の神のシオツチノカミに慰められ竜宮上へ行けと言われて、行ったらそこにいたトヨタマヒメに「なんて素敵な方でしょう」と一目惚れされて結婚w

トヨタマヒメの父ワタツミにも祝福され、なんやかんやと毎日楽しく過ごしていたら、3年経ってた(笑)

ヤマサチヒコ「え~と、なんでここに来たんだっけ?」(アホの子)

ワタツミ「じゃあ魚たちに聞いてみよう!」

魚「なんで来たのかは知らないけど、ところで3年前から一匹の赤い鯛の喉になんか刺さってて苦しんでるんだけど?

ワタツミが鯛を呼んで喉を探ってみると、出て来ちゃったんですよね、釣り針が
ヤマサチヒコ「てへっ、ごめんちゃい。というわけで釣り針をお兄ちゃんに返してくるから帰るね」
ワタツミに兄に釣り針を返す時は魔法の呪文を頭の中で唱えながら返しなさいと言われ二つの玉を授けられる。そして今後ウミサチヒコが憎んできたら呪いがかかるようになってるから使いなさいと言われ、陸に帰されるヤマサチヒコ。

言われたとおり呪いの呪文を唱えながら釣り針を兄に返し、その日から3年間全く魚が釣れなくなってしまうウミサチヒコ。
ウミサチヒコ「これはきっと弟のせいに違いない」(ピンポン!)

兄はヤマサチヒコを攻めるがワタツミにもらった玉で溺れさせられてしまう。兄は何度も攻めるがその度にやっつけられ、ヤマサチヒコがワタツミから力を授かったことに気づき、降参して一生、弟に仕えることを誓いました。というストーリー。

神話って冷静に見ると、結構むちゃくちゃな話だったりツッコミどころ満載の話多いよね。この話だってどう考えてもヤマサチヒコが100%悪いのに、逆ギレされて呪われてお兄ちゃんかわいそう!でもヤマサチヒコがアホかわいいから許しちゃうよね。本当、坂元さんってこういうアホキャラが似合うし上手いなと思う(笑)。
ヤマサチヒコって釣り針失くして子どもみたいに大声でわんわん泣くし、アホだし、でもそこがかわいくてきゅんきゅんさせられっぱなしでした。

4位
「ミス・サイゴン」★★★★☆

坂元さんが出演しなくなっても公演される度に観てしまうほど大好きなミュージカル。それなのに星4つなのは、坂元さんがいた頃の方がやっぱり良かったなって。でも坂元さんがいたらもっと楽しめるのはそうだけど、それはあまり問題じゃなくて、以前は実物大のヘリが出てきたのにそれが半分映像になってたりスケールが小さくなってしまったこと、あとキャストも今回はファイナルの市村さんを除けばちょっと物足りなかった。演出も前の方が好みだったな。それでも音楽は本当に良くて、観終わった後はまた観たいと思ったので、また再演された時は観に行ってしまうと思います。

3位
劇団四季「アラジン」★★★★★

開幕して割とすぐ観てから約1年振りの1周年記念日の観劇でした。この日は前から観たがってた母と行って、楽しめるかな?飽きないかな?とちょっと心配ではあったけど、ジーニーがツボだったらしく大ウケ!とても喜んでくれたので連れて行って良かったです。もちろん私も1年ぶりのアラジンだったから観ている間中、わくわくが止まらなくて今回もめちゃくちゃ楽しかったです!

2位
劇団四季「ノートルダムの鐘」★★★★★

運よく日本公演初日が当たり観て来ました。四季が吹き替えをしたディズニーアニメの映画版が好きなので、公演が決まった時からずっと楽しみにしていました。もちろん原作寄りのストーリーでハッピーエンドじゃないこともわかって観たんだけど、あまりにもアニメ版とは違いましたね。だからラストはショックはあったけど、それ以上に胸に迫るものがありました。人間とは、醜さとは、観客に生き方を問うミュージカルでした。ぜひまた観たいです。

1位
ミュージカル座「スペリングビー」★★★★★

2009年に坂元さんがチップ役で出演して大好きになったミュージカルがミュージカル座で上演されました。歌もストーリーも全部大好き!7年振りだったからこんなシーンあったなとか、ここはちょっと変わったんだなとかいろいろ懐かしかった。チップの2幕最初の歌は坂元さんが演じた時よりも訳詞が直球でちょっと恥ずかしかったけどね(笑)チップ役のキャストさんは歌うのに勇気いっただろうなw
そんな訳でまたスペリングビー熱が再燃して、BW版CD聴いてます。もう1回観たかったけど予定が合わず観られなかったのが残念です。

以上2016ベスト11でした。

ベスト4が悲劇・喜劇・悲劇・喜劇と一体私はどっちが好きなんだというよくわからない結果で、しかも今回は坂元さん出演作でこれはヒットというのが無く、ベスト4に出演作が入らない自分でもまさかの結果になりました。でも坂元さんの舞台は和物あり、翻訳物あり、演じた役もバラエティに富んでいておもしろい1年でした。

舞台以外では乃木坂46の生田絵梨花ちゃんの新曲の歌の相手役に選ばれ、MVにも出演して喜んでいたら、乃木坂46のバースデイライブにサプライズ出演して、3万人のお客さんの前で絵梨花ちゃんとデュエットしちゃってこれは本当にびっくりしました!
CDとかMVでは結構乃木坂ファンにいろいろ厳しいことを言われていたので、会場で乃木坂ファンに受け入れられたか心配でしたが、やっぱり生の迫力は違ったんでしょうね、野太い「健児」コールまで起き、男性も虜にしてしまったようです。
CDはだいぶ遠慮して歌ってましたし、なんだかんだ普段から生の舞台でやってますからね。生での見せ方は心得ていますよね。ちょっとこのことは嬉しかったです。

この他は映像に縁がある1年でした。中でもドクターXのシュリンプ先生は、メインゲストで役柄も母性をくすぐられるような役で嬉しかったです。パート5も決定したようで、ぜひシュリンプ先生のその後のお話も見てみたいです。
今年の活躍も楽しみですね。







スポンサーサイト

tag : 坂元健児 劇団四季 ミス・サイゴン

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

坂元健児 劇団四季 空中ブランコ ライオンキング 田中彰孝 レ・ミゼラブル AKURO 友石竜也 ミス・サイゴン 愛と青春の宝塚 宮崎誠 博多座 奇跡のメロディ 羽衣伝説 スペリング・ビー TSミュージカル ディズニー イラスト 新聞 テイクフライト 今宵あなたと 回転木馬 映画 Garantido キャンディード 三銃士 宝塚 プルミエール 福岡シティ劇場 大西ライオン 解決します!! トリツカレ男 デスティニー 天守物語 米澤観児 帝国劇場 RENT ディナーショー DVD 神戸はばたきの坂 天空の調べ 客家 新国立劇場 松田直樹 天翔ける風に 横浜Fマリノス 松本山雅 ルドルフ 

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
坂元健児さん舞台出演情報
「ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2014夏」

ミュージカルガラコンサート出演

【公演期間】8/16~27(坂元さんは全日程出演) 

シアタークリエ 

【公式サイト】http://www.tohostage.com/festival/
プロフィール

kanoko

Author:kanoko
関東在住の30代。高校生の頃から舞台を観始め観劇歴は20年くらい。

ミュージカルの舞台観劇が趣味で、坂元健児さんが大好きです。
地方公演にも出来るだけ観に行きます。
最近は、劇団四季の、「ライオンキング」現シンバ役の田中彰孝さんもお気に入り、友石多津弥(竜也)さんも応援しています。基本的にシンバ役者が好きです。

好きなミュージカル・お芝居

・特にお気に入りの作品
ミス・サイゴン、風を結んで、AKURO-悪路-、回転木馬(2009年版)、スペリング・ビー、愛と青春の宝塚、冒険者たち(2013年版)

・その他の大好きな作品

ライオンキング、美女と野獣、砂の戦士たち、
タック、OUR HOUSE、空中ブランコ、

・坂元さん出演作以外

マンマ・ミーア、回転木馬(95年東宝版CD・涼風盤)、プロデューサーズ(映画)、星の王子さま・リトルプリンス(音楽座)、Wicked

気軽にメールしてくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。